【5/20】国保ゼミフューチャーセンター内でWEBライティング講座開催

WEBライティング講座「アマチュアとプロを分けるたった一つの秘訣」

開催概要

開催日時/2013年5月20日(月)18:30〜予定
場所/静岡県立大学 一般教育棟2221研究室
定員/20名(国保ゼミフューチャーセンターの定員です)
参加費/国保ゼミフューチャーセンターの規定に則ります
参加方法/KOKULABOのイベントページよりエントリー

 

内容

■第一部 一般向けライティング講座

「アマチュアとプロを分けるたった一つの秘訣」(約1時間)

Ⅰ. 「読み手にとって価値のあるコンテンツ」を作る重要性
Ⅰ-1 重要なのは文章力ではなく、切り口
Ⅰ-2 目的から逆算し記事を書く(実例)
Ⅰ-3 これさえできればプロライターにもブロガーにもなれる
Ⅰ-4 実際に「読み手にとっての価値」を考えてみる(ミニ・ワークショップ)

Ⅱ. 情報爆発の時代を理解すれば課題が見える
Ⅱ-1 インターネットの普及が情報爆発を生んだ
Ⅱ-2 EメールからLINEへ移行しつつある理由
Ⅱ-3 ポスティングチラシを捨てずに読んでもらうにはどうすればいいか
Ⅱ-4 ストレスを徹底的に排除できなければゴミ箱行き

Ⅲ. 具体的な記事制作のポイント
Ⅲ-1 タイトルでは記事の価値を伝える
Ⅲ-2 タイトル&書き出しはクリックされるかどうかを決める
Ⅲ-3 見出しは本文の要約
Ⅲ-4 WEBならではの文章の工夫
Ⅲ-5 写真の効力を正しく把握する
Ⅲ-6 番外:自然な笑顔の写真撮影の仕方
Ⅲ-7 記事下でコール・トゥ・アクションしなければ全ては水の泡

 

■第二部 FCNJ取材ライター希望者向け説明会

(質疑応答含め、約1時間)
※ライター希望者でなくとも参加可能です。第一部の内容を踏まえ、FutureCenterNEWS JAPANにおける実例を紹介する形になるため、ライティング講座の続きとして聞くことができます

Ⅰ. 概要説明
・取材ライター募集概要
・メリット
・実際の流れ

Ⅱ. 実際の取材・記事制作のポイントを解説
・「目的から逆算し記事を書く」をFutureCenterNEWS JAPANに当てはめてみる
・FutureCenterNEWS JAPANの読者は誰か?
・取材に必要なもの、取材のポイント
・実際に記事をどう制作していくか
・質疑応答

※そのとき、その場に応じて、内容を変更するケースもあり得ます

 

成長のきっかけが掴めるセミナー

自分ではそれなりにうまく書いたつもりなのに、なぜか多くの人に届く気配がない、という経験はありませんか? 文章作成は一見ややこしい作業ですが、原因はシンプル。読み手の存在さえ意識できるようになれば、プロジェクトの情報発信で成果を出したり、月に数万人の読者を持つブログを書いたり、文章でお金をもらったりもできるようになります。

「書きたいことを書く」から「読み手にとって価値のあるコンテンツを作る」へ。アマチュアとプロフェッショナルを分けるたった一つの秘訣について、なぜ? どんな理由があってそうするべきなのか? 丁寧に一つひとつ解説していきます。

ライティングはご存じのとおり、明日からいきなりプロになれるというほど安易なものではありません。が、課題を意識しつつ取り組めなければ、経験上、半永久的にアマチュアのまま。ぜひこの機会に、成長のきっかけを掴んでください。

 

講師について

寄金佳一
寄金佳一オフィシャルサイト – プロフィール | Handmade Future!

FutureCenterNEWS JAPAN編集長。フリーエージェント・ライター、ブロガーです。

ブロガーとしては月間10万PV前後の、ソーシャルグッドな学生や社会人のためのWEBマガジン『Handmade Future !』を運営しています。情報発信ノウハウ、ソーシャルイノベーション関係の取材レポート、学生キャリア・子育て・新しい働き方に関するオピニオン等を発信しています。

ソーシャルグッドな学生や社会人のためのWEBマガジン – Handmade Future !

ライターとしては、株式会社フューチャーセッションズへ、フューチャーセンター界隈のインタビュー記事やセッションレポートを、ぴあ株式会社『ウレぴあ総研』へエンターテイメント系記事やライフハック系記事を寄稿しています。

寄金 佳一 – ウレぴあ総研

 

開催主旨

先日よりお知らせしているとおり、FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセンター・ウィーク2013への対応のため、学生ライターを募集しています。

WEBライティングを学びたい&フューチャーセンターに関心のある学生を募集します。 | FutureCenterNEWS JAPAN

個人活動であるFutureCenterNEWS JAPANでは、何十ものフューチャーセッションをカバーしての取材が現実的ではありません。そこで、学生にWEBライティングのレクチャーを行うかわりに、各人に希望するセッションを取材してもらい、レポート記事を書いてもらおうという取り組みです。

今回は、静岡県立大学の国保祥子先生に、フューチャーセンター内でWEBライティング講座を行う機会をいただきました。フューチャーセンターの時間枠をいただいての開催のため、FutureCenterNEWS JAPANライター希望以外の学生や、フューチャーセンターに参加する社会人のみなさまにも開放します。もちろん、ライターとして参加していただける学生は、大歓迎です。

よろしければお越しください。お待ちしています。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。