カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

【お知らせ】運営方針を変更いたします

『フューチャーセンターニューズ』の運営方針を変更いたしましたので、お知らせします。

 
【新しい理念・運営方針】
■ミッション
自分たちの問題を、自分たちの手で解決できる社会システムを実現する。

■ビジョン
優れたフューチャーセンター事例を取材・発信し、フューチャーセンターによる地域変革や、社会における課題解決をサポートする。

 

“量” から “質” へのシフト

「自分たちの問題を、自分たちの手で解決できる社会システムを実現する」というミッションは、変わりません。

そのための手段として、フューチャーセンターに期待しており、『フューチャーセンターニューズ』を運営する動機となっています。

最も大きな変更点は、“量” から “質” へのシフトです。

今までは、メディアの価値を「ここへ来れば日本全国のフューチャーセンター情報を網羅できる」と掲げていました。

しかしながら、取材・情報発信活動を続けていくうちに、“日本にこんなにたくさんのフューチャーセンター活動が存在する” と発信するフェーズは終わったのではないか?と感じるようになりました。

 

生きた情報、実践的ノウハウが求められている

現在、必要とされるのは、

・フューチャーセンター的な “場” が、具体的にどんな成果を生んでいるのか
・「地域変革」や「社会における課題解決」を実現するために、フューチャーセンターをどのように活用すればいいのか
・具体的な成果を生んでいる地域では、フューチャーセンターをどのように活用しているのか

といった、生きた情報であり、実践的ノウハウです。

これは、福井県鯖江市より招待を受け講演させていただいた経験から、強く実感するところです。

私がやりたいのは、フューチャーセンターを増やす手助けではなく、「メディア活動を通じて、フューチャーセンターによる地域変革のきっかけを提供することなのだ」と、改めて意識するきっかけとなりました。

 

優れたモデルケースが地域にフューチャーセンターを浸透させていく

また、静岡県立大学経営情報学部の国保研究室によるフューチャーセンター活動からも、大きな影響を受けました。

静岡県内では、フューチャーセンター活動が広がりを見せ、現在6つのフューチャーセンターが存在しています。

なぜこのような、全国的に見ても特異な状況が生まれたかというと、すべては優れたモデルケースであるKOKULABO(国保ゼミ)フューチャーセンターが存在したからです。

合理的にデザインされ、明確な強味を持ったフューチャーセンターは、一歩足を踏み入れただけで、大半の人が価値に気づきます。

優れたお手本があれば、「自分たちでもやってみよう」というハードルも極めて低くなり、あっという間に広がりを見せます。

 

優れたフューチャーセンター事例と、地域変革の手段を探している人を結びつける

もちろん、“とにかくたくさんの種をまく” という考え方もあります。

たとえば、株式会社フューチャーセッションズの活動が社会に与えている影響を見れば、その効果は明らかです。

どちらが良い悪いという問題ではないのですが、私は個人的に、人々の目印となるような一本の大木が周囲を変えていく、という方向性に可能性とやりがいを感じます。

優れたフューチャーセンター事例と、地域変革や課題解決の手段を探している人を結びつけ、マッチングさせるのが、『フューチャーセンターニューズ』の今後の存在価値だと考えます。

今後は情報量にはこだわらず、質を重視し、取材活動を通じて共感を得られた取り組みを中心に、発信していきます。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

Facebookページに参加してください

『フューチャーセンターニューズ』の最新情報は、こちらでチェックできます。

【2/8〜2/15】フューチャーセンターに関心のある学生ライターを募集します。

FutureCenterNEWS JAPANでは、2014年2月8日(土)〜15日(土)の日程で開催されるChild Future Session Weekへの対応のため、学生ライターを若干名募集します。

当活動は非営利のため、原稿料のお支払いはできませんが、代替として職業ライターによるWebライティング講座を提供いたします。また、記事公開後に、プロの視点からのフィードバックを行います。

 

概要

■内容
Child Future Session Weekで開催されるフューチャーセッションのうち、関心のあるテーマのセッションを取材し、レポート記事に仕上げる。

【2/8〜2/15】小笠原舞さんとフューチャーセッションズがChild Future Session Weekを開催 | FutureCenterNEWS JAPAN

日程:2014年2月8日(土)〜15日(土)※都合の良い日のみの参加
募集人数:若干名
原稿料:無
交通費:上限を設けて支給。首都圏在住の方であれば心配いりません。詳細はお問い合わせください
条件:取材・記事制作の準備として、約2時間のWebライティング講座の受講(都内・神奈川県。またはSkypeやGoogleハングアウト等でも対応します)
応募締め切り:1月31日(金)中まで

■参加資格
・大学生、大学院生(もし希望者がいれば、高校生以下でも対応します)
・文章に苦手意識がない方(実績は問いません)
・フューチャーセンターを知っている方
・取材先とのアポイントメントをきちんと守れる方

■問い合わせ
メールにて、FutureCenterNEWS JAPAN編集長・寄金佳一宛てに、お問い合わせください

 

過去の学生ライター募集について

FutureCenterNEWS JAPANでの学生ライター募集は、昨年6月のFuture Session Weekに引き続き、2回目となります。

■前回の募集要項
WEBライティングを学びたい&フューチャーセンターに関心のある学生を募集します。 | FutureCenterNEWS JAPAN

■前回の活動報告
FutureCenterNEWS JAPAN 学生ライター活動報告 | FutureCenterNEWS JAPAN

実際に書き上げた記事について、プロ・ライターの視点からフィードバックを行いました。今回の活動でも、同様にフィードバックいたします。

また、静岡県立大学・国保ゼミフューチャーセンターの場をお借りし、記事個々について、フューチャーセンター参加者からご意見・ご感想を頂戴しました。

おかげさまで、前回参加した5名の学生からは、とても前向きな感想をいただくことができました。

うち2名は、今回の活動にも参加していただく予定です。

 

Webライティング講座について

約2時間の講座です。

特に、自分たちで動かしているプロジェクトで、情報発信に課題を感じている方におすすめです。集客やメンバー獲得など、具体的な成果を出したい方向けの内容となっています。

■第一部 Webライティングの基礎(約1時間)
Ⅰ. 「読み手にとって価値のあるコンテンツ」を作る重要性
Ⅰ-1 重要なのは文章力ではなく、切り口
Ⅰ-2 目的から逆算し記事を書く(実例)
Ⅰ-3 これさえできればプロライターにもブロガーにもなれる
Ⅰ-4 実際に「読み手にとっての価値」を考えてみる(ミニ・ワークショップ)

Ⅱ. 情報爆発の時代を理解すれば課題が見える
Ⅱ-1 インターネットの普及が情報爆発を生んだ
Ⅱ-2 EメールからLINEへ移行しつつある理由
Ⅱ-3 ポスティングチラシを捨てずに読んでもらうにはどうすればいいか
Ⅱ-4 ストレスを徹底的に排除できなければゴミ箱行き

Ⅲ. 具体的な記事制作のポイント
Ⅲ-1 タイトルでは記事の価値を伝える
Ⅲ-2 タイトル&書き出しはクリックされるかどうかを決める
Ⅲ-3 見出しは本文の要約
Ⅲ-4 WEBならではの文章の工夫
Ⅲ-5 写真の効力を正しく把握する
Ⅲ-6 記事下でコール・トゥ・アクションしなければ全ては水の泡

■第二部 FutureCenterNEWS JAPANの記事制作について(約1時間)

Ⅰ. 概要説明
・取材ライター募集概要
・参加するメリット
・実際の活動の流れ

Ⅱ. 取材・記事制作のポイント
・FutureCenterNEWS JAPANが求める記事
・FutureCenterNEWS JAPANの読者は誰か?
・取材に必要なもの、取材のポイント
・実際に記事をどう制作していくか
・質疑応答

講師は、FutureCenterNEWS JAPAN編集長の寄金佳一です。

寄金佳一オフィシャルサイト – プロフィール | Handmade Future!

前回活動時のWebライティング講座は、静岡県立大学にて、一般にも開放して開催し、好評いただきました。

大学で“アマチュアとプロの境目”をテーマにしたWEBライティング講座を開催しました

より具体的な講座内容を知りたい方は、インターネット上にオープンにスキル・ノウハウを発信していますので、参照ください。

編集・ライティング | Handmade Future!

以上、たくさんのポジティブな学生の応募をお待ちしております。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。

FutureCenterNEWS JAPAN 学生ライター活動報告

FutureCenterNEWS JAPANでは、2013年5月31日〜6月8日に開催されたフューチャーセッション・ウィーク2013を少しでも多く取材し、広く世の中へ発信するために、学生ライターの協力を仰ぎました。

非営利活動のため、今回は原稿料をお支払いできませんでしたが、変わりにWEBライティング講座を開催し、スキルアップの機会を提供しました。

同時に、実際に書き上げた記事について、プロ・ライターの視点からフィードバックを行いました。また、静岡県立大学・国保ゼミフューチャーセンターの場をお借りし、記事個々について、フューチャーセンター参加者からご意見・ご感想を頂戴しました。

【参考リンク】
WEBライティングを学びたい&フューチャーセンターに関心のある学生を募集します。 | FutureCenterNEWS JAPAN

【5/20】国保ゼミフューチャーセンター内でWEBライティング講座開催 | FutureCenterNEWS JAPAN

 

成果

2013年5月31日〜6月8日(9日間)に日本全国で開催されたフューチャーセッションのうち、FutureCenterNEWS JAPANでは12件のセッションを取材し、レポート記事として発信することができました。

うち、5件を学生ライターが担当しました。

赤池奈津子さん/大学生と考える未来「2058年、その時あなたは何してる?」レポート
http://futurecenternews.jp/what-are-you-doing-in-2058k-kokulabo-fc-1257.html

大崎瑞穂さん/『第1回なごやフューチャーセッション【豆粒みたいな僕らが名古屋を変える、未来デザイン会議】』レポート
http://futurecenternews.jp/nagoya-futuresession-vol1-1756.html

小野茜さん/これからの時代の働き方を考える『幸せな働き方・・・未来シナリオ 』レポート
http://futurecenternews.jp/happy-way-of-working-future-scenario-1475.html

梶ヶ谷晋矢さん/未来の創造に向けて動き出す今を考える『2030 Vision 【みんなで創るhappy未来シナリオ】』レポート
http://futurecenternews.jp/2030-vision-future-session-1386.html

笠原寛明さん/『2020年の働き方とは?「未来の新卒採用100」探索セッション』レポート
http://futurecenternews.jp/explore-the-hiring-of-new-graduates-of-the-future-1697.html

※山本紗佑里さんにも参加していただく予定でしたが、取材対象セッションが中止となったため、残念ながら不参加となりました

 

実績

2013-11-05_1208
※公開から10/25までのデータ
※FutureCenterNEWS JAPANでは、評価指標として、エンゲージメントを重視しています。「多く読まれたか」よりも、「記事を見て、誰と誰が繋がったか」というほうが、社会を動かすという視点では意味があると考えているからです。よって、熟読されたかどうか(ページ滞在時間)に着目しています

おかげさまで、編集長・寄金のみでの取材活動よりも、多くのセッションを取材し、世の中へ届けることができました。また学生側からもポジティブな感想をもらうことができました。

これを糧に、改善するべき点は改善しつつ、今後も機会があれば、学生ライターたちとともに活動していきたいと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

FutureCenterNEWS JAPAN編集長
寄金佳一

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。