カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

鯖江市で地域イノベーションにおけるフューチャーセンター活用について講演を行いました

特定非営利活動法人Comfortさばえの浜口真一さまよりご依頼いただき、地域・地方おけるフューチャーセンター活用について、FutureCenterNEWS JAPAN編集長として、講演を行いました。

個人的に、地域を良くする手段としてフューチャーセンターに着目したのが、フューチャーセンター・メディアを始めた発端です。地方・地域におけるフューチャーセンター活用のお手伝いは、積極的にさせていただきたいと思っています。

私でお役に立てることがありましたら、ぜひお声掛けください。

 

講演概要

2013年10月14日(日)14:45〜18:00
鯖江市文化センター
テーマ「地域イノベーションにおけるフューチャーセンター活用」

さばえ公共未来塾2013
http://sabae-koukyou.jimdo.com/

 

フューチャーセンターを知る(90分)

1. フューチャーセンターとは

2. 日本におけるフューチャーセンターの活用状況

3. 問題提起:いつもの会議の何が悪いのか?
■いつもの会議は、現状での最適解を求めるものである
未来志向の重要性について
事例紹介/福島県南相馬市「みんな未来センター」

■決まったメンバーで活動するため、タコツボ化しやすい
多様性のある場をつくる

■下手なことは言えない雰囲気があり、一部の主導で進められる
誰もが対等な場をつくる
ひとり一人が主役
バカげた意見こそ歓迎する

■責任を振り分ける場であるため、ポジティブな空気になりにくい
「相互理解」と「理想の未来の共有」のための対話
事例紹介/福島県南相馬市「みんな未来センター」

 

フューチャーセンターを活用する(90分)

1. フューチャーセンターの2つの機能「アイデア創出」と「コミュニティ醸成」
企業におけるアイデア重視の活用
地域におけるコミュニティ醸成重視の活用

2. 地方における活用事例の紹介:熊本県・黒川温泉
じゃらんリサーチセンター・地域イノベーション研究におけるフューチャーセンター活用

3. フューチャーセンターは「ツボ」を押す役割である
「複雑系」という考え方

4. フューチャーセンター活用の様々な事例
都市/みなとフューチャーセンター
行政/東京都
企業/資生堂
NPO・個人/Child Future Session
テーマごと/エネルギー問題

5. 事例紹介:静岡県立大学経営情報学部・国保ゼミフューチャーセンター
研究室におけるフューチャーセンター活用の仕組み
様々な相乗効果
学生と企業による地域活性「茶の和」プロジェクト

6. フューチャーセンターの7つの運営形態
大学
行政
企業
不定形
場所貸し
寺社
シェアハウス

7. フューチャーセンターを作りたいと思ったらどうすればいいか?
フューチャーセンターまとめ
トータルデザインを考える
種を蒔くための土壌を作る(人間関係をつくる)
優れたフューチャーセンターの場を体験し、実感する

 
初めての北陸・福井県ということもあり、4歳と2歳のこどもたちを含め家族で押し掛けましたが、懇親会の開催や、福井県の伝統的民家への宿泊をコーディネートしていただくなど、たいへん良くしていただきました。

浜口さん、さばえ公共未来塾のみなさま、どうもありがとうございました。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。

【5/20】国保ゼミフューチャーセンター内でWEBライティング講座開催

WEBライティング講座「アマチュアとプロを分けるたった一つの秘訣」

開催概要

開催日時/2013年5月20日(月)18:30〜予定
場所/静岡県立大学 一般教育棟2221研究室
定員/20名(国保ゼミフューチャーセンターの定員です)
参加費/国保ゼミフューチャーセンターの規定に則ります
参加方法/KOKULABOのイベントページよりエントリー

 

内容

■第一部 一般向けライティング講座

「アマチュアとプロを分けるたった一つの秘訣」(約1時間)

Ⅰ. 「読み手にとって価値のあるコンテンツ」を作る重要性
Ⅰ-1 重要なのは文章力ではなく、切り口
Ⅰ-2 目的から逆算し記事を書く(実例)
Ⅰ-3 これさえできればプロライターにもブロガーにもなれる
Ⅰ-4 実際に「読み手にとっての価値」を考えてみる(ミニ・ワークショップ)

Ⅱ. 情報爆発の時代を理解すれば課題が見える
Ⅱ-1 インターネットの普及が情報爆発を生んだ
Ⅱ-2 EメールからLINEへ移行しつつある理由
Ⅱ-3 ポスティングチラシを捨てずに読んでもらうにはどうすればいいか
Ⅱ-4 ストレスを徹底的に排除できなければゴミ箱行き

Ⅲ. 具体的な記事制作のポイント
Ⅲ-1 タイトルでは記事の価値を伝える
Ⅲ-2 タイトル&書き出しはクリックされるかどうかを決める
Ⅲ-3 見出しは本文の要約
Ⅲ-4 WEBならではの文章の工夫
Ⅲ-5 写真の効力を正しく把握する
Ⅲ-6 番外:自然な笑顔の写真撮影の仕方
Ⅲ-7 記事下でコール・トゥ・アクションしなければ全ては水の泡

 

■第二部 FCNJ取材ライター希望者向け説明会

(質疑応答含め、約1時間)
※ライター希望者でなくとも参加可能です。第一部の内容を踏まえ、FutureCenterNEWS JAPANにおける実例を紹介する形になるため、ライティング講座の続きとして聞くことができます

Ⅰ. 概要説明
・取材ライター募集概要
・メリット
・実際の流れ

Ⅱ. 実際の取材・記事制作のポイントを解説
・「目的から逆算し記事を書く」をFutureCenterNEWS JAPANに当てはめてみる
・FutureCenterNEWS JAPANの読者は誰か?
・取材に必要なもの、取材のポイント
・実際に記事をどう制作していくか
・質疑応答

※そのとき、その場に応じて、内容を変更するケースもあり得ます

 

成長のきっかけが掴めるセミナー

自分ではそれなりにうまく書いたつもりなのに、なぜか多くの人に届く気配がない、という経験はありませんか? 文章作成は一見ややこしい作業ですが、原因はシンプル。読み手の存在さえ意識できるようになれば、プロジェクトの情報発信で成果を出したり、月に数万人の読者を持つブログを書いたり、文章でお金をもらったりもできるようになります。

「書きたいことを書く」から「読み手にとって価値のあるコンテンツを作る」へ。アマチュアとプロフェッショナルを分けるたった一つの秘訣について、なぜ? どんな理由があってそうするべきなのか? 丁寧に一つひとつ解説していきます。

ライティングはご存じのとおり、明日からいきなりプロになれるというほど安易なものではありません。が、課題を意識しつつ取り組めなければ、経験上、半永久的にアマチュアのまま。ぜひこの機会に、成長のきっかけを掴んでください。

 

講師について

寄金佳一
寄金佳一オフィシャルサイト – プロフィール | Handmade Future!

FutureCenterNEWS JAPAN編集長。フリーエージェント・ライター、ブロガーです。

ブロガーとしては月間10万PV前後の、ソーシャルグッドな学生や社会人のためのWEBマガジン『Handmade Future !』を運営しています。情報発信ノウハウ、ソーシャルイノベーション関係の取材レポート、学生キャリア・子育て・新しい働き方に関するオピニオン等を発信しています。

ソーシャルグッドな学生や社会人のためのWEBマガジン – Handmade Future !

ライターとしては、株式会社フューチャーセッションズへ、フューチャーセンター界隈のインタビュー記事やセッションレポートを、ぴあ株式会社『ウレぴあ総研』へエンターテイメント系記事やライフハック系記事を寄稿しています。

寄金 佳一 – ウレぴあ総研

 

開催主旨

先日よりお知らせしているとおり、FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセンター・ウィーク2013への対応のため、学生ライターを募集しています。

WEBライティングを学びたい&フューチャーセンターに関心のある学生を募集します。 | FutureCenterNEWS JAPAN

個人活動であるFutureCenterNEWS JAPANでは、何十ものフューチャーセッションをカバーしての取材が現実的ではありません。そこで、学生にWEBライティングのレクチャーを行うかわりに、各人に希望するセッションを取材してもらい、レポート記事を書いてもらおうという取り組みです。

今回は、静岡県立大学の国保祥子先生に、フューチャーセンター内でWEBライティング講座を行う機会をいただきました。フューチャーセンターの時間枠をいただいての開催のため、FutureCenterNEWS JAPANライター希望以外の学生や、フューチャーセンターに参加する社会人のみなさまにも開放します。もちろん、ライターとして参加していただける学生は、大歓迎です。

よろしければお越しください。お待ちしています。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。

FutureCenterNEWS JAPANはフューチャーセッション・ウィーク2013を総力取材します。

みなさま、お世話になっております。FutureCenterNEWS JAPAN編集長の寄金です。

FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッション・ウィーク2013を総力取材します。なるべく多くのセッションに足を運び、取材レポートを掲載する計画です。

とはいえ、FutureCenterNEWS JAPANは非営利活動かつ、個人での活動であるため、セッションをなるべく多くカバーするにも物理的な限界が存在します。

 

学生ライターを募集します

・フューチャーセッションを体感してみたい or もともと注目している
・WEBライティングの理屈を学び、実践してみたい

以上の条件に合致する学生を募集し、取材&ライティングをレクチャーします。原則、当人が希望するセッションを取材し、実際に記事を書いてもらいます。

今回、フューチャーセッションを企画される方は、FutureCenterNEWS JAPANより学生が取材へ行かせていただく可能性がありますので、どうぞよろしくお願いいたします。

学生で、ライターをやってみたい方は、こちらを参照ください。

WEBライティングを学びたい&フューチャーセンターに関心のある学生を募集します。 | FutureCenterNEWS JAPAN

 

セッションのレポート記事を寄稿していただける全国の方を募集します

編集長・寄金による取材は、移動の時間および交通費の都合上、東京都と地元・神奈川のセッションがどうしても優先となってしまいます。

セッションの注目度などで判断しているわけではなく、非営利活動であるがゆえの物理的限界です。この点、ご理解いただければ幸いです。

課題を少しでも解消するため、各地のセッションのレポート記事を寄稿してくださる全国の方を募集します。原稿料や交通費のお支払いはできませんが、記名記事を『FutureCenterNEWS JAPAN』に掲載させていただきます。

また、フューチャーセンター・ディレクターが自ら開催したセッションのレポートを寄稿いただくケース、ご自身のブログ等と同様のレポートを転載寄稿いただくケースも歓迎いたします。

日常的にブログを書いている方など、文章を苦にしない方の参加をお待ちしています。実績の有無は問いませんので、お気軽にお問い合わせください。

フューチャーセッションウィーク2013のレポート記事を寄稿してくださる全国の方を募集します。 | FutureCenterNEWS JAPAN

 

FutureCenterNEWS JAPANの活動意義について

すぐ隣でどのような社会的課題があり、どのようなセッションが開催されているのか、セッション参加者以外には見えにくい弱点が、フューチャーセンターの一つの課題としてあります。

あるフューチャーセッションの価値を、取材レポートで明らかにできれば、セッションで解決しようとしている課題の存在・取り組みを、セッション参加者以外にも知らせることができます。

非力ながら、フューチャーセンター界隈の情報交換や交流が促進され、ソーシャルイノベーションの実現にわずかながらでも寄与できるよう活動していきます。応援またはご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。