カテゴリー別アーカイブ: フューチャーセンターニュース

静岡県立島田商業高校「島田フューチャーセンター」発足|9/19(土)第1回セッション開催

静岡県島田市を中心とする、地域の課題解決を目的に、静岡県立島田商業高校が主催・企画・運営する「島田フューチャーセンター」が発足します。

地域住民一人ひとりが、主体的に、地域の課題解決に取り組むためのハブとなり、「持続可能な地域づくり」「地域コミュニティ活性」の一助となる未来を目指すとのこと。

学生の、社会常識に縛られない自由な発想が、課題解決に有効であるのは、静岡県立大学・経営情報学部の国保ゼミ(KOKULABO FC)が実証してきたところです。

静岡県立大学国保研究室(国保ゼミフューチャーセンター)が2013年度のアニュアルレポートを公開 | フューチャーセンターニューズ

「島田フューチャーセンター」では、大学生よりもさらに若い、高校生が関わります。
DSC_9870

 

広がりを見せる静岡県内FCコミュニティ

発足に向け、中心となって動いているのは、静岡県立島田商業高等学校・商業科主任の鈴木滋さん。

まちづくりNPO「クロスメディアしまだ」の協力のもと、高校生が、社会的課題に気付き、解決の一助となる場づくりを模索していたところ、静岡県内のフューチャーセンター・コミュニティの存在を知ったとのこと。

“地域に一つフューチャーセンター” へ一歩を踏み出しつつある静岡県 | フューチャーセンターニューズ

フューチャーセンターニューズでも過去に特集しましたが、静岡県立大学・国保研究室の成功事例をベースに、常葉大学、静岡大学・宇賀田研究室、三保の松原FCと、広がりを見せています。

鈴木滋さんは、実際にフューチャーセンターに課題を持ち込んだところ、大学生がファシリテーションを務め、課題解決の一助となっているフューチャーセンターの魅力を実感し、可能性を感じます。

 

高校生が運営するフューチャーセンター

DSC_9902
今やどの地方自治体にも言えますが、静岡県島田市も、「人口減少」「少子高齢化」といった社会的課題を抱えています。

課題解決に、「高校生の「柔軟」かつ「自由」かつ「豊かな」発想力を生かせる場を設けたかった」と鈴木滋さん。

DSC_9899
もちろん、授業の一環でもあるので、

「フューチャーセンター講座を設けることで、高校生自身がFC運営の主体となることを通じて、学ぶ意欲と基礎学習への相互効果を高め、将来的には主体的に考えて行動する力が身につくように」

との考えもあります。

 

第1回セッション、9月19日(土)開催

DSC_0091静岡大学FC設立の立役者である、静岡大学卒業生の天野浩史さんらのサポートにより、運営やファシリテーションを学び、プレセッションを開催し、着々と「島田フューチャーセンター」発足の準備を進めています。

第1回セッションも決定しています。

■日時
平成27年9月19日(土)9:00~13:00 

■開催場所
静岡県立島田商業高校
 
■課題
1. 大井川鉄道の利用者増と、島田市への観光客を増やすには?(SLアプリ制作)
2. 合併10周年を向かえる島田市で、市民同士がより繋がり、誇れるようになるには?

DSC_9905
現在、事務局を準備中とのこと。

島田市周辺の方や、島田フューチャーセンターの活動に関心のある方、9月19日(土)のセッションに参加したい方などは、ぜひ以下までお問い合わせください。

【島田フューチャーセンター連絡先】
連絡先/静岡県立島田商業高校 商業科主任 鈴木 滋
電 話/0547‐37‐4167
URL:http://www.edu.pref.shizuoka.jp/shimada-ch/home.nsf/IndexFormView?OpenView
FCのURL(島田商業での紹介):http://bit.ly/shimasho_tuition

静岡でFCの中間支援・ノウハウの提供を行う『ESUNE』がWEBサイトを開設

静岡でフューチャーセンターの中間支援・ノウハウの提供を行う『静岡フューチャーセンター・サポートネットESUNE(エスネ)』が、WEBサイトを開設しています。

Shizuoka FC Support Net “ESUNE” on Strikingly

以前にも紹介していますが、静岡県静岡市ではフューチャーセンターが広がりをみせ、現時点で6つの場が活動しています。

“地域に一つフューチャーセンター” へ一歩を踏み出しつつある静岡県 | FutureCenterNEWS JAPAN

静岡新聞が静岡市におけるフューチャーセンター活用の広がりを一面掲載 | FutureCenterNEWS JAPAN

起点となったのは、静岡県立大学・経営情報学部の国保ゼミで運営されているKOKURABOフューチャーセンターです。フューチャーセンターの優れたモデルケースでもあります。

ESUNEは、国保ゼミの卒業生や、静岡大学の卒業生が中心となり、活動しているようです。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。

静岡県立大学国保研究室(国保ゼミフューチャーセンター)が2013年度のアニュアルレポートを公開

国保ゼミフューチャーセンターを運営する、静岡県立大学経営情報学部・国保研究室が、2013年度のアニュアル・レポートを公開しました。

静岡市を中心とする静岡県では、国保ゼミフューチャーセンターという優れたモデルケースが存在することで、周囲にさまざまなフューチャーセンターが立ち上がり、ネットワークが築かれつつあるという、全国的に見ても希有な事例が生まれています。

“地域に一つフューチャーセンター” へ一歩を踏み出しつつある静岡県 | FutureCenterNEWS JAPAN

国保ゼミフューチャーセンターは、特に “場” の作り方において、目を見張るものがあります。また、大学フューチャーセンターということで、当然ながら学生の参加が多く、社会常識に縛られない思考の重要性を教えてくれます。

フューチャーセンターにかかわる方にとって、国保ゼミフューチャーセンターから得られるものは非常に多く、必ず一度は体験しておく価値がある、優れたモデルケースです。2014年新年度は4月14日(月)からスタートし、基本的に毎週月曜日に定期開催されます。ぜひ機会を見つけて、足を運んでください。

国保研究室

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。