カテゴリー別アーカイブ: 特集記事

フューチャーセンター最大の特長である “未来志向” について

フューチャーセンター、フューチャーセッションにはじめて興味を持った方向けに、フューチャーセンターの最大の特長である “未来志向” について解説します。

フューチャーセンターでは、常に未来から考えます。出発点は現在ではなく、未来です。目の前の問題に四苦八苦するのではなく、理想の未来にたどり着くために頭を捻るのが、フューチャーセンターでの対話です。

 

未来志向が斬新な事業、アイデア、商品を生む

どんなに頭を捻っても、なかなか斬新な事業やアイデア、商品は生まれません。それが普通です。

なぜでしょうか?

この問題提起は、こう言い換えることもできます。いつもの会議やミーティングのどこに問題があるのでしょうか?

会議やミーティングに、みんな喜んで参加していますか? 嫌がっている人は、なぜ嫌がっているんでしょうか?

専門家の見地からも様々な見解があるのだと思いますが、企業で働いていた過去の実感、そして信じられないほど魅力的なアイデアが飛び出していた被災地でのフューチャーセッションの経験から、私は以下のような点に注目しています。

・いつもの会議は、現状での最適解を求めるものである
・決まったメンバーで活動するため、タコツボ化しやすい
・下手なことは言えない雰囲気があり、一部の発言者の主導で進められる
・責任を振り分ける場であるため、ポジティブな空気になりにくい

なお、斬新な事業やアイデアが生まれない原因として、「知識や経験、方法論がない」という意見もあるかと思います。が、これは私の考えですが、斬新な事業を生む知識など存在しないと思っています。ひとりのアイデアが世の中を変えるケースはありますが、世界的に見ても稀ですし、連発した個人となると皆無ではないでしょうか。

ただ、優れたアイデアを優れていると見抜く眼力は必要かもしれません。どんなにいいアイデアが出ても、それを取り上げられなかったら成果に結びつけられないからです。

ともあれフューチャーセンターは、いつもの会議のマイナス面を解消しつつ、いいとこ取りをしたような方法論です。

今回はこの中から、未来志向の重要性について解説したいと思います。

 

現状の最適解を求めるのではなく、理想の未来を起点にする

「何ができるか」でなく「何がしたいか」

フューチャーセンターのフューチャー(未来)たる由縁は、何と言っても未来志向にあります。

フューチャーセンターでは「今なにができるか」ではなく、「他ならぬあなたが、何をしたいか」を最上位に置きます。

行動は常に、現状での最適解に基づくのが最善です。しかしながらこの方法では、新しい何かを生み出すには向きません。

 

現状の最適解は制約の上に成り立つもの

過去があり、今があります。過去には学ぶべき点が多いですが、それだけで斬新なものは生まれません。時代が違うからです。社会の仕組み、人々の価値観が違います。だから情報をかき集めて、いい方法を探ります。

でも、現在というのは、実はすごく狭い。制約がたくさんあります。予算、人員、人間関係、価値観、社会的立場、などなど。

新しいことを考えようとしても、予算が足りない、ライバル会社を利することはできない、うちの社風には合わない、人がいない、リスクが高い、採算がとれない、とがんじがらめなのです。なかには、こんなことを言ったら笑われるかもしれない、という制約もあります。

多くの場合、これら沢山の制約のうえに成り立って生まれたものが、現時点での最適解です。

 

未来の可能性は無限

ところが、未来は可能性として無限。まだどうなるかわからない。決まっていない。広大な原野です。

住みにくい土地になるかもしれないし、大都市になるかもしれないし、別荘地になるかもしれないし、飛行場ができるかもしれない。

世の中を動かしている人、影響力のある人はみんな同じ考え方をしています。つまり、「何ができるか」ではなく「何がしたいか」。あるいは「どうあるのが理想的なのか」。

 

理想の未来にたどり着くために頭を捻るのがフューチャーセンター

私たちは、何か課題や問題があると頭を捻るわけですが、目の前の問題に四苦八苦するために頭を使うべきではありません。

実現できるかどうかは関係なく、自分がどうしたいのか理想を明確にして、それを実現するためにはどうしたらいいのかに全力をそそぐべきです。

フューチャーセンターでは、常に未来から考えます。出発点は現在ではなく、未来です。理想の未来にたどり着くために頭を捻るのが、フューチャーセンターでの対話なんです。

だからフューチャーセンターは、斬新な事業やアイデア、商品などを生み出す土壌となれます。

また、私たちは、現状の最適解を求めるいつもの会議に慣れすぎています。例えば静岡県立大学の自らの研究室でフューチャーセンターを立ち上げた国保祥子先生は、それまでのゼミ活動の延長でも済んだのに、敢えてフューチャーセンターを掲げた理由の一つを、意識づけのためと説明されていました。参加者に意識を変えてもらう装置として、フューチャーセンターを名乗る意味があるというわけです。

 

被災地・南相馬市『みんな未来センター』で目撃した未来志向の威力

南相馬市の状況

福島県南相馬市のみんな未来センターの話をします。

南相馬市役所から福島第一原子力発電所まで約30kmの道のり、車ならば1時間もかからない距離です。

当然ながら放射性物質の被害を受け、今でも線量が高い地域があります。沿岸部では津波の被害があり、それはそれで大事なのですが、今回は話をわかりやすくするために(また私自身が知っている範囲でしか言及できないため)放射線問題だけを取り上げます。

南相馬市の市街地は、見た目はそのままです。人々は普通に生活しているように見えます。でも実際は、放射性物質で汚染されている部分が存在します。

除染をしようにも広大で、お金も必要ですし、時間もかかります。たとえ10年後20年後に、放射線を気にせず暮らせるようになったところで、いま現在そこに生活している人たちにとっては意味がありません。特に子供がいる家庭は、まさに今が大切です。私が訪問したのは2012年の夏前ですが、少なくともこの時点では、人々の多くがこのまま住み続けていいのか迷っているとのことでした。

 

未来志向が絶望的状況を打破

なんとかしたくても行政の力には限界があり、国の支援もままならず、どうにもならない絶望的状況です。

ここで機能したのがみんな未来センターでした。南相馬市にも、イノベーター魂を持った人々がいました。彼らが集まって、町の未来を話し合う場所がほしいと作ったのがみんな未来センターだったのです。

みんな未来センターがフューチャーセンターとして機能した最大の理由は、まさに南相馬市には未来志向が必要だったからだと私は考えています。施設が立派だったとか、有能なファシリテーターがいたとか、そんな理由ではありません。

もし南相馬市で、現時点での最適解を出そうとすれば、「どうにもならない」という回答しか出てきません。何から何まで汚染されてしまった。行政だけではとても手が回らない。時間もお金も足りない。何から手をつけていいのかもわからない。

南相馬で何かをやろうとしたら、未来から考えざるを得ないんです。

みんな未来センターの外観。けっして立派な施設ではないが、ここでなされる数々の対話が、南相馬市を大きく動かしている。
みんな未来センターの外観。けっして立派な施設ではないが、ここでなされる数々の対話が、南相馬市を大きく動かしている。

 

溢れ出るアイデア

私がみんな未来センターを訪問したとき、夏のイベントで子供たちとどんな遊びをするか、アイデア出しのブレインストーミングが行われました。

現実問題を考えてしまうと、安心であったり、安全であったり、土地の利用制限であったり、さまざまな制約があるはずです。が、実現の可能性を無視して、「自分だったらどんな遊びがしたいか」「子供たちにどんな経験をさせたいか」だけを考えます(否定は禁止、というルールが事前に共有されていました)。

次から次へと湯水のように湧いてくるアイデア、アイデアにアイデアを上乗せする発想力、バカげた意見を笑いあうポジティブな雰囲気は、驚くほどでした。

私もブレインストーミングにもできる範囲で参加するつもりでいたのですが、圧倒されてしまって何も言えずに終わりました。私自身、自分の頭がカタいほうだとは思っていなかっただけに、心の底から衝撃を受けました。

絶望的状況に向き合って本当の意味で未来志向を必要としていた南相馬の人々と、横浜にいて頭でしか理解していなかった私とでは、天と地ほどに差があったというわけです。

ほんの小一時間で、無数のアイデアが出た。翌朝にはもう、有志が内容を紙にまとめてくれている。
ほんの小一時間で、無数のアイデアが出た。翌朝にはもう、有志が内容を紙にまとめてくれている。

 

現状での最適解も魅力的なものになる

もちろん、未来志向で考えられたとしても、行動に移すためには、最終的には “現時点での最適解” を出す必要があります。

しかしながら、いったん本物の未来志向ができれば、“現時点での最適解” の質がまったく変わってきます。なぜなら、制約の中で生み出された妥協の産物ではなく、理想に近づくためのポジティブな回答となるからです。

フューチャーセンターでの未来志向の対話は、理想の未来という名のゴールを明確にイメージさせます。いったんゴールが見えてしまえば、あとは熱い思いを持った人々が、全力で動かしていくだけです。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。

“地域に一つフューチャーセンター” へ一歩を踏み出しつつある静岡県

静岡県立大学・国保ゼミフューチャーセンターに感化されるように、静岡県静岡市内でフューチャーセンター活動が広がりを見せています。核となっているのは各地域の大学、学生です。

 

大学と地域社会を近づけ、新たな価値を生み出す国保ゼミフューチャーセンター

静岡県立大学経営情報学部の国保研究室では、基本、毎週月曜日にフューチャーセンターを定期開催しています。

立ち上げたのは国保祥子先生と、地元企業の取締役を務める中村克海さんです。フューチャーセンターとして人を招くのならと、おもてなしの雰囲気をつくるために研究室をカフェのように改装までしています。

抜群の居心地。静岡県立大学国保ゼミフューチャーセンター | FutureCenterNEWS JAPAN

国保ゼミフューチャーセンターの最大の特徴は、言うまでもなく学生の存在です。学生は社会経験が不足しているかわりに、社会常識にとらわれずにゼロベースで考えられる強味があります。学生ならではの豊かな発想・アイデアは、地元企業、商店を始め、多くの社会人に評価されているようです。

一方、国保ゼミでは、ゼミ生が必ずマイプロジェクトに取り組みます。中には企業とコラボレーションして商品を開発したり、地元と手を取り合って地域活性に取り組んだりという学生も存在します。社会経験に乏しい学生が、プロジェクトを成し遂げるにあたり、経験豊かな社会人の意見やアドバイスが大きな助けになっているとのことです。

地元の社会人は学生の発想力に助けてもらい、学生は社会人の知識や経験に助けてもらう。国保ゼミフューチャーセンターは、大学と地域社会の距離を近づけ、新たな価値を生み出す役割も担っているわけです。

 

常葉大学、三保の松原、静岡大学ほかでフューチャーセンターが発足

国保ゼミフューチャーセンターのシステムデザインの優秀さは、なにより参加者が実感します。参加者が友人知人に薦めるなどして、人づてに評判が広がっています。中には自身でフューチャーセンターを立ち上げるなど、新たな発展も見られます。

静岡市では今年に入って、常葉大学、静岡大学で新しくフューチャーセンターが発足しています。発起人は、どちらも国保ゼミフューチャーセンターに参加した学生です。また静岡県内ではありませんが、おとなり愛知県の「フューチャーセンターなごや」を立ち上げたのも、国保ゼミフューチャーセンターに参加した学生です。

富士山と一緒に世界遺産に登録された三保の松原では、中村克海さんがフューチャーセンターを発足させています。

 

静岡は “地域に一つフューチャーセンター” へ

静岡大学フューチャーセンターを立ち上げた天野浩史さんは、自身のブログで、これら静岡市内でのフューチャーセンター展開について、次のように語っています。

静岡県立大学でフューチャーセンターを立ち上げられた国保祥子先生もおっしゃられていますが、大学にいると、「大学」と「地域」、「学生」と「社会人」の構造があり、どうもお互いの距離が遠いのではないかと感じていました。

本当はその距離がもっと近くなったり、同じ目線に立つことができれば、見えてこなかったものや、今まで感じられなかったことや、課題が解決できるようなアイデアが生まれるのではないか。

また、大学だけに限らず、地域の中でも、学生や地域住民の方が、同じ目線で対話ができることによって、生まれるアイデアや可能性で、静岡を盛り上げたり、地域の課題も解決できるといいなーと考えていました。

そんな想いもあり、「静岡はいろいろな場所にフューチャーセンターがあって、地域住民と学生が同じ目線でセッションできる地域」というビジョンを思い描きました。

静大生のBlog-まち・村・ヒトのコト|発足!静大フューチャーセンター!

「一つの地域に、一つのフューチャーセンター」は、フューチャーセンターに期待する人ならば一度は思い描くビジョンです。天野さんは単に思い描くだけでなく、自ら行動に移したというわけです。

また、今後の静岡におけるフューチャーセンターの展開について対話した第1回セッションでも触れられていますが、フューチャーセンターの拠点として、ハコの維持管理の心配がなく、人も集まりやすい大学は、もっとも適した選択肢の一つです。

静大生のBlog-まち・村・ヒトのコト: 8/16 静大フューチャーセンターレポート

静岡県立大学・国保ゼミフューチャーセンターという優れたモデルケースがある静岡県では、今後も大学を中心にフューチャーセンターが広がりを見せていくのかもしれません。注目です。

■国保ゼミフューチャーセンター – Facebookページ
https://www.facebook.com/kokulabo.fc

■世界文化遺産「三保の松原」フューチャーセンター – Facebookページ
https://www.facebook.com/hagoromofc

■フューチャーセンターなごや – Facebookページ
https://www.facebook.com/fcnagoya

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。

どうやってマネタイズする? フューチャーセンター運営の7つの方法

「センター」という語感から誤認しがちですが、フューチャーセンターとは施設を指す言葉ではありません。

 

たとえば「学校」は施設の名前ではありません。施設の名前は「校舎」です。(中略)教育プログラムという機能を持ち、学習という活動が行われているのが、概念としての「学校」です。

フューチャーセンターも、それと同じように捉えてください。創造的なワークショップのファシリテーションという「機能」を提供し、そこで対話やアイデア創出という「活動」を行っているのが、概念としての「フューチャーセンター」です。

野村恭彦『フューチャーセンターをつくろう』P17より

公民館でも、公園でも、道端でも、あるいは場所がコロコロ変わったとしても、フューチャーセッションが定常的に行われる《場》でありさえすれば、フューチャーセンターと言えるのです。

実際、フューチャーセンターの形態は様々です。特定のハコを持とうとすればお金が掛かり、維持管理し運営を続けていくためのマネタイズは簡単ではありません。これからフューチャーセンターを創ろうとする方は参考にしていただければと思います。

不定形型

NPO法人など組織が仕組みの提供主体となり、特定のハコを持たないタイプ。ハコの維持にはお金が掛かるので、有力なフューチャーセンターの形態。冒頭で示したとおり、フューチャーセッションが定常的に行われさえすればフューチャーセンターと言える。規模や目的、協力者によって柔軟に場所を変えていけるメリットもある。恐らく地域や社会の課題を解決するフューチャーセンターの形式としては、もっとも数が多いと思われる。

NPO法人Mystyle@こだいらが主体となり、嘉悦大学の協力により実現した「フューチャーセッション@こだいら~地域の未来を紡ぐ一日~」など。

NPO法人Mystyle@こだいら
http://mystyle-kodaira.net/ 

 

場所貸し型

コワーキングスペース、電源カフェ、シェアオフィス、ワークショップスタジオなどを併設し、場所貸しで運営資金を賄う形態。横浜市の助成を受け、mass×mass関内フューチャーセンターが先駆となった。

コワーキングを始めとして、これらは多くの人が入れ替わり立ち替わり訪れる場だ。流動性と多様性、オープンな場という属性が求められるフューチャーセンターとは非常に相性がいい。コワーキングJellyとフューチャーセッションの共通点を指摘する声もある。

コワーキングスペース、シェアオフィス、ワークショップスタジオを併設し、インキュベーション機能も持つ横浜のmass×mass関内フューチャーセンター。地域や社会の課題解決を目指すフューチャーセンターとして、恐らく日本で唯一、施設として成り立っている。

mass×mass関内フューチャーセンター
http://massmass.jp/

 

大学型

東京大学は2009年に「東京大学フューチャーセンター推進機構」を設立し、2014年には柏の葉キャンパスに『東京大学フューチャーセンター』という名の建物が竣工する予定。

また大学の研究室がゼミ等の一環としてフューチャーセッションを定期開催する事例も見られる。中でも静岡県立大学の国保ゼミの成果が著しい。慶應大学SFCでもフューチャーセンター活動が行われている。

大学関係者に限らず、「大学にフューチャーセンターを」という声は非常によく聞かれる。地域の拠点としての視点、マネタイズの視点(大学施設を利用できればハコ代は掛からない)、そして若者(学生)が参加しやすいメリットなど、利点や可能性が容易に想像しやすいからだろう。

抜群の居心地。静岡県立大学国保ゼミフューチャーセンター – FutureCenterNEWS JAPAN
http://futurecenternews.jp/u-shizuoka-ken-kokubo-fc-78.html

東京大学フューチャーセンター推進機構
http://www.fc.u-tokyo.ac.jp/index.php

香川大学大学院「地域マネジメント研究科」八木研究室
http://yagi-lab.com/

 

シェアハウス型

実現したという話はまだ聞かないが、ソーシャルメディアを中心に可能性を模索する動きが多く見られている。

シェアハウスはコワーキングスペースと同様、急激に増加しつつあり、テーマ性を打ち出すなど差別化が求められている。その一部にフューチャーセンターとの融合のアイデアが生まれているようだ。

ハコのマネタイズの問題は解決でき、なおかつシェアハウス住人の感度の高さやアクティブさを考えると注目の方向性の一つである。

 

寺社型

2012年6月2日、神谷町の光明寺で「お寺フューチャーセッション」が行われたのが先駆け。

地域コミュニティで協力して物事を進めようとしても、「そもそもコミュニケーションをする場がない」という意見が聞かれることがある。一方でお寺や神社は、葬式や初詣といった特定行事のときにこそ人が訪れるものの、もっと日常的に多くの人に足を運んでほしいと考えている。

旧来、寺社は地域コミュニティの中心であった(お祭りや困り事など、何かがあると寺社に集まっていた)という事実を考え併せても、また寺社独特の人の心を落ち着かせる雰囲気を考えても、地域の課題解決の場としての可能性は非常に大きい。

 

国・行政型

フューチャーセンター発祥の北欧~欧州ではすでに多く見られる形態。中でもオランダのLEFは治水交通省が運営しており、代表格だ。

『フューチャーセンターをつくろう』によると、日本でも東京都港区、横浜市、川崎市、柏市などで設立の動きがあるとのこと。横浜市のmass×mass関内フューチャーセンターを除けば離陸に向け準備中のようだとはいえ、大いに期待したい。

港区議会議員・横尾としなりの会 – みなとフューチャーセンター第二期セッションスタート!
http://ecotoshi.jp/blog/2859

柏市議会議員・山下洋輔 – 柏におけるフューチャーセンターの状況
http://goodman.livedoor.biz/archives/51975203.html

 

企業型

日本でのフューチャーセンターの先駆けとなったのは、富士ゼロックスKDIや東京海上日動システムズ、コクヨなど、企業型フューチャーセンターである。大きな組織が企業内フューチャーセンターを設ければ縦割りの弊害を取り除くことができるし、社外の人間や消費者と共に商品・サービス開発等においてイノベーションを起こせる。

フューチャーセンターは企業にとってもメリットがある。特定テーマに特化したフューチャーセンターであれば、(それがある企業にとってメリットのあるテーマであれば)企業にスポンサーになってもらってハコを維持するというマネタイズの方向性も考えられる。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。