カテゴリー別アーカイブ: セッション開催情報

静岡県立島田商業高校「島田フューチャーセンター」発足|9/19(土)第1回セッション開催

静岡県島田市を中心とする、地域の課題解決を目的に、静岡県立島田商業高校が主催・企画・運営する「島田フューチャーセンター」が発足します。

地域住民一人ひとりが、主体的に、地域の課題解決に取り組むためのハブとなり、「持続可能な地域づくり」「地域コミュニティ活性」の一助となる未来を目指すとのこと。

学生の、社会常識に縛られない自由な発想が、課題解決に有効であるのは、静岡県立大学・経営情報学部の国保ゼミ(KOKULABO FC)が実証してきたところです。

静岡県立大学国保研究室(国保ゼミフューチャーセンター)が2013年度のアニュアルレポートを公開 | フューチャーセンターニューズ

「島田フューチャーセンター」では、大学生よりもさらに若い、高校生が関わります。
DSC_9870

 

広がりを見せる静岡県内FCコミュニティ

発足に向け、中心となって動いているのは、静岡県立島田商業高等学校・商業科主任の鈴木滋さん。

まちづくりNPO「クロスメディアしまだ」の協力のもと、高校生が、社会的課題に気付き、解決の一助となる場づくりを模索していたところ、静岡県内のフューチャーセンター・コミュニティの存在を知ったとのこと。

“地域に一つフューチャーセンター” へ一歩を踏み出しつつある静岡県 | フューチャーセンターニューズ

フューチャーセンターニューズでも過去に特集しましたが、静岡県立大学・国保研究室の成功事例をベースに、常葉大学、静岡大学・宇賀田研究室、三保の松原FCと、広がりを見せています。

鈴木滋さんは、実際にフューチャーセンターに課題を持ち込んだところ、大学生がファシリテーションを務め、課題解決の一助となっているフューチャーセンターの魅力を実感し、可能性を感じます。

 

高校生が運営するフューチャーセンター

DSC_9902
今やどの地方自治体にも言えますが、静岡県島田市も、「人口減少」「少子高齢化」といった社会的課題を抱えています。

課題解決に、「高校生の「柔軟」かつ「自由」かつ「豊かな」発想力を生かせる場を設けたかった」と鈴木滋さん。

DSC_9899
もちろん、授業の一環でもあるので、

「フューチャーセンター講座を設けることで、高校生自身がFC運営の主体となることを通じて、学ぶ意欲と基礎学習への相互効果を高め、将来的には主体的に考えて行動する力が身につくように」

との考えもあります。

 

第1回セッション、9月19日(土)開催

DSC_0091静岡大学FC設立の立役者である、静岡大学卒業生の天野浩史さんらのサポートにより、運営やファシリテーションを学び、プレセッションを開催し、着々と「島田フューチャーセンター」発足の準備を進めています。

第1回セッションも決定しています。

■日時
平成27年9月19日(土)9:00~13:00 

■開催場所
静岡県立島田商業高校
 
■課題
1. 大井川鉄道の利用者増と、島田市への観光客を増やすには?(SLアプリ制作)
2. 合併10周年を向かえる島田市で、市民同士がより繋がり、誇れるようになるには?

DSC_9905
現在、事務局を準備中とのこと。

島田市周辺の方や、島田フューチャーセンターの活動に関心のある方、9月19日(土)のセッションに参加したい方などは、ぜひ以下までお問い合わせください。

【島田フューチャーセンター連絡先】
連絡先/静岡県立島田商業高校 商業科主任 鈴木 滋
電 話/0547‐37‐4167
URL:http://www.edu.pref.shizuoka.jp/shimada-ch/home.nsf/IndexFormView?OpenView
FCのURL(島田商業での紹介):http://bit.ly/shimasho_tuition

【3/23】自分のしごとフューチャーセッション~まちで働くをデザインする~

2014年3月23日(日)、『NPO法人Mystyle@こだいら』と『創業支援センターTAMA』の共催により、「自分のしごとフューチャーセッション~まちで働くをデザインする~」が開催されます。

満員電車に乗って、遠く1時間、2時間かけて通勤するのではなく、暮らしているまちで、まちとつながりながら、仕事も暮らしも大切にする働き方をしたい。

私たちNPO法人MyStyle@は、これまでの活動を通じて、こんな声をたくさん聞いてきました。
働くスタイルも、どこかに勤めるというだけではなく、フ リーランスやSOHO、本業と並行した2枚目の名刺、コミュニティビジネスによる起業など、多様なスタイルがうまれています。

しかし、実際に地域に根ざして「まちで働く」とはどういうことなのか、そのために必要な働く場・交流する場とはどういうカタチなのかを知る機会は、あまりありません。

地域を知り、
つながり、
自ら必要な場を発見し
ジブンらしく「働くスタイル」をデザインするために、
必要なことは、どんなことでしょう。

自分のしごとフューチャーセッションは、ゲストスピーカ ーの物語を聞き、同じ思いの人たちと語り合い、共有する ワークショップを通じて、自分らしく働く未来の種を発見 することを目指しています。

地域に根ざした自分らしい仕事・働き方
つくっていきましょう。

 
■ 概要
●日時
3月23日(日)午後1時~4時 

●実施体制
共催:NPO法人Mystyle@こだいら/創業支援センターTAMA

●場所
小平市福祉会館 第2集会室
東京都小平市学園東町1丁目19-13

●参加費
無料

●こんな方はご参加ください
・まちに根ざした働き方がしたい。
・自分らしいスタイルで働くために、将来起業したい。
・すでに起業しているけれど、もっとまちとつながって、 仲間をつくりたい。
・コワーキングやシェアオフィス、自宅事務所など、いろ いろあるけれど、どんな場でみんなは働いているのだろう 、もっと情報がほしい。

●定員 
30名(先着順)

自分のしごとフューチャーセッション~まちで働くをデザインする~|NPO法人Mystyle@こだいら 東京都小平市のコミュニティビジネスをサポート

詳細は、上記ホームページを参照ください。

【3/22】フューチャーセンター ∞ 茨城 Part II

2014年3月22日(土)、『地域のパートナーシップを開くSRネット茨城』の主催により、「フューチャーセンター ∞ 茨城 Part II」が開催されます。

昨年12月に、第1回目の「フューチャーセンター ∞ 茨城」が開催されています。

2月1日はNPO法施行から15年です。

そこで722まで増えた県内NPO法人と様々なセクターの人が交流できる場を開催します。

フューチャーセンターは組織を越えて未来志向で対話し、関係性と共創の種をつくります。

ここにくれば、NPOの本当の可能性、地域の未来、仲間が見つかるはずです。

フューチャーセンター∞茨城 「NPOが拓く わたしたちの未来」【終了】 – 茨城NPOセンター・コモンズ

今回の第2回では、第1回において約80名の参加者から発せられた「やりたいこと」に関してアイディアを出し合って生まれたテーマについて、対話を重ねていくとのこと。

日 時
 2014年3月22日(土)午後1時半~6時(受付開始:午後1時)

今回討議するテーマ
・障害への理解 × 映画上映 ⇒ 居場所づくり
・フェアトレード × 販売場所 ⇒ 買い物で社会貢献
・遊休農地 × 園芸療法    ⇒ ユニバーサル農業
・多国籍 × 親子参加行事  ⇒ 多文化共生の街
・学びのサポート × 居場所  ⇒ 子どもの貧困防止
・学校教育 × 持続可能な開発のための教育(ESD) ⇒ 家庭廃油の循環

ゲスト
山下 洋輔さん

対 象
・誰かと協力して夢を叶えたいと思う方
・異業種での交流・連携に関心がある方
・市民発の新たなプロジェクトづくりや交流空間づくりに関心のある方

定 員
 100名(申込先着順)

参加費
 無料!

会 場
 トモスみと 業務ビル4階会議室(水戸市大工町1-2-3)

参加申し込みはこちらから。
「フューチャーセンター ∞ 茨城 Part II」、参加者募集中! – 茨城NPOセンター・コモンズ