【11/4】Child Future Session vol.2

※FutureCenterNEWS JAPANではフューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者までお問い合わせください。

Child Future Session vol.2

 

おまたせしました!!!!

前回6/3にヒカリエにて実施し、大好評だったChild Future Sessionの第2弾を開催することになりました!

第1回目で、働き方・おもちゃ・まち・のりもの・教育・家族・食べ物・住まい・友達・病院・お金のカテゴリに分け「こども視点で考える」というセッションをやりました。

それをきっかけに、新しい子育て支援の形をつくる場として「asobi基地」が生まれ、既に2度の開催をしました。

asobi基地 FBページ
http://www.facebook.com/asobikichi

それをさらに発展するべく、11月末にasobi基地のモデルにまっているカナダ・トロントの子育て支援のあり方を視察することとなりました。

https://www.facebook.com/events/469209569778187/

 

■フューチャーセンターの名称

チャイルドフューチャーセンター

■テーマ

新しい日本の子育て支援の形を考える

■日時

2012年11月4日(日)
OPEN 13:00
START 13:30 ~ 16:30
※17:00完全撤収となります

■場所

クレイオープンソーススタジオ
東京都港区西麻布2-24-2 KREIビル
http://krei-project.com/access

■参加費

2000円(軽食、飲み物付き)
(ready for?1万円以上支援の方は無料)

■参加人数

30人まで

■内容

日本の子育て支援とカナダ、その他の国の子育て支援を比べ、今後どのような家族・子育て支援が必要かを対話する

■協力

コクヨ WORKSIGHT LAB.
HP http://www.worksight.jp/
FB http://www.facebook.com/worksightjp
twitter @WORKSIGHTJP

■今後の展開

11/4 child future session
11/23~12/1視察→帰国後の報告会
年明け future center weekにて具体的なアクションに落とし込むchild future session

この一連の流れをmy projectではなく、様々な人や企業を巻き込み、ムーブメントとして具体的に未来を変えていく大きな動きにしていきたい。

当たり前にある子育て支援を見直し、今の時代や地域性、求められるニーズにあった子育て支援を持つ社会にしていきたい。

単なる支援だけでなく、間接的につながるサービス、商品までも対話し、子どもを取り巻く環境を社会全体で見直していくきっかけにしていきたい。

例)ビールがパパコミュ二ティづくりの入口に、授乳スペースに育児相談等

しっかりと具体的に社会を変えていくプロジェクトです。

どうぞご参加ください!

■WEBサイト

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/469209569778187/

 

Facebookページに参加しませんか?


一緒にフューチャーセンターを盛り上げて行きましょう!

編集長のTwitterをフォローしてください。


FutureCenterNEWS JAPANの最新記事、全国のフューチャーセンター情報をツイートしています。最新のフューチャーセンター情報をリアルタイムで受け取るにはTwitterが便利です。