【6/6】映画を通じたコミュニティ・デザイン

映画を通じたコミュニティ・デザイン

「映画を観るだけで終わらせるのは、もったいない!」
このセッションでは、映画の可能性を広げるという観点から、
コミュニティ・デザインに映画を取り入れることを提案し、
その活用を一緒に考えていきたいと思います。

映画を通じたコミュニティ・デザイン

■主催

kinologue & CHILD FILM

 

■日時

2013年6月6日(木) 18:00〜21:00

 

■場所

CTW
渋谷区神宮前5-12-7 CULTURE表参道2F

 

■参加費

1,000円

 

■定員

20名

 

■対象

アートやエンターテインメントを通じてのコミュニティ・デザインに興味がある方、
教育現場で新たな学びを模索している方、
企業研修や就活支援、人材育成の場で変化をつけたいと思っている方、
世代を越えたつながりを作りたいと思っている方、
こどもに伝えたい映画がある方、
コミュニティの場を持っているがコンテンツが足りないと思っている方、
街づくりコミュニティのネタを探している方、
などなどありますが、、、何より映画が好きな方、お待ちしています!

■内容

このセッションは、共に映画業界での豊かな経験を持つ、
映画とダイアローグのワークショップ・プロジェクト「kinologue(キノローグ)」主宰者と、
こども映画専門のポータルサイト「こども映画プラス」運営者で企画・実施します。
私たちの経験を生かしながら、映画を「観る」「知る」「作る」に分けて、
より具体的なコミュニティ・デザインへのアクションを起こしていきたいと思っています。
18:00-19:00:早い時間から参加できる方でのプレ・ダイアローグ
19:00-21:00:参加者全員でのセッション

■プログラム

チェックイン
19:00 〜 19:10 サークル(Circle)
簡単な自己紹介

関係性をつくる
19:10 〜 19:30 ストーリーテリング(Storytelling)
「映画」がもたらす体験についての物語

テーマに沿って知識を広く持ちよる
19:30 〜 20:20 ワールドカフェ(World Cafe)
コミュニティを仮定し、映画を用いてどうデザインしていくか

20:20 〜 20:50 6つの帽子(6 Hats)
コミュニティ・デザインのアイディアを多角的に検証

チェックアウト
20:50 〜 21:00 サークル(Circle)
リフレクション

 

■WEBサイト

映画を通じたコミュニティ・デザイン

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について