【6/5】[大阪]介護と福祉の未来を創るダイアログ

介護と福祉の未来を創るダイアログ

すぐそこまで来ている超高齢社会。医療費爆発や、福祉従事者の不足など様々な課題がさけばれていますが、そもそも介護する側、される側という視点ではなく本人が本人らしく、もちろんその家族、福祉従事者、地域の人、皆が共に生きていく社会とはどういったものでしょうか?いま介護・福祉に関係のある方もない方も、ワークショップ形式の対話を通して、よりよい未来の社会を探求してみましょう!
http://www.facebook.com/events/579226382108829/

介護と福祉の未来を創るダイアログ

■主催

認知症フレンドシップクラブ
関西フューチャーセンター

 

■日時

2013年6月5日(水) 13:00〜17:00

 

■場所

アサヒラボガーデン
大阪府大阪市北区小松原町2番4号 大阪富国生命ビル4Fまちラボ内

 

■参加費

500円

 

■定員

40名

 

■対象

高齢社会、認知症、未来の地域のあり方に関心のある
企業・自治体・福祉関係者・当事者のみなさん

 

■内容

厚生労働省は団塊の世代が75歳以上となる2025年へ向けて、高齢者が”住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができる”地域包括ケアシステムという介護の将来像を掲げています。これは医療や介護サービスの施設配備や補助金による支援というフォーマルなケアだけでなく、地域の見守りネットワークや近隣住民との交流などのインフォーマルな支援も含んでいます。その両方が達成されて初めて冒頭の目標が達成できる地域資源の確立、ということになります。

後者のインフォーマルな地域での支援とは、いったい私たちは何をすればいいのでしょうか?

地域の見守りワークが、自治会の当番制のお仕事の一つに加わればよいのでしょうか?
それでもよいかもしれませんが、あまりにも負担が大きすぎたり、お互いに嬉しいことでないと続けられず
結局はフォーマルな支援のための増税と同じ様に、負担が重荷となってきてしまいます。

ただ、昔の日本の地域社会はもっと住民同士で支え合って生きていたような感覚もあります。
私達が子供のころは、家の空き地で野球をしてボールがおばあちゃんの家に入り込んでは怒られていた思い出がある方も多いかと思います。
今思えば、ああいった交流を通して、近所の他人であるおばあちゃんと仲良くなっていたかのではないでしょうか?
もっと昔の江戸時代の話になりますが、「朝飯前」という言葉は、朝ご飯を食べる前に長屋の向こう三軒両隣に声をかけて、母子家庭や父子家庭や高齢者宅で何か困ったことがないか助け合う習慣が、そもそもの語源とのことです。

ただし、今の日本では、地域の人に迷惑をかけるのは憚られる時代になってきているという流れもあります。
「近隣の方にご迷惑をかけるのは・・・」という気持ちから、お互いに無関心・無関係でいることが正解のようにも感じます。

いったい現代の地域資源はどうあるべきなのでしょうか?
はじめるためのキッカケと、続けるための身近さ。
対話とワークを通して私たちで未来の在り方を創ってみませんか?

■プログラム

関係性をつくる
ストーリーテリング(Storytelling)
テーマに沿って知識を広く持ちよる
金魚鉢(Fishbowl)
ワールドカフェ(World Cafe)
新たな視点を発見し構造化する
プロアクションカフェ(Proaction Cafe)
プロトタイピングする
クイックプロトタイピング(quick prototyping)
アクションを生み出す
サークル(Circle)

 

■WEBサイト

介護と福祉の未来を創るダイアログ

参加申し込みページ – アサヒラボガーデン

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について