【6/4】市民参加で省エネタウンを実現するフューチャーセッション

市民参加で省エネタウンを実現するフューチャーセッション

これからのまちづくりで避けて通ることのできないエネルギー問題。

豊かなまちにしていくために、自分たちでエネルギーをつくる・つかう未来を考え、自分たちでできるアクションを創り出します。

市民参加で省エネタウンを実現するフューチャーセッション

■主催

フューチャーセッションズ

協力:GEOC

 

■日時

2013年6月4日(火) 13:30〜17:00

 

■場所

地球環境パートナーシッププラザ GEOC
東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F

 

■参加費

無料

 

■定員

30名

 

■対象

エネルギーに関心ある市民の方。エネルギー供給に関する企業、NPOなど

 

■プログラム

関係性をつくる
13:30 〜 13:50 ストーリーテリング(Storytelling)
主旨説明
参加者同士で自己紹介

自分たちの強みを見つめなおす
13:50 〜 14:10 プレゼンテーション
モデル都市の状況をインプット

14:10 〜 15:00 金魚鉢(Fishbowl)
省エネ活動や自家発電など、エネルギーと面白い向き合い方をしている方をゲストに対話する

ビジョン(ありたい姿)を考える
15:00 〜 16:00 ワールドカフェ(World Cafe)
鎌倉を例に、自分たちとエネルギーの理想的な関わり方を対話する。
Round1:自分たちでエネルギーをつくるとしたら何ができるだろうか?
Round2:自分たちでエネルギーをへらすとしたら何ができるだろうか?
Round3:自分たちでエネルギーを融通(ピークカット、マネジメント)していくとしたら何ができるだろうか?

ビジョンを伝わる形にする
16:00 〜 16:45 クイックプロトタイピング(quick prototyping)
多くの市民の共感を得る市民アクションを考える。
アクションを呼びかけるポスターを作成してみる。

・アクション名
・具体的なアクション
・参加してほしい人
・それが実現すると、どうエネルギー問題が解決できるのか

16:45 〜 17:00 サークル(Circle)
チェックアウト
本日の気づき、今日からできるアクションを宣言する。

 

■WEBサイト

市民参加で省エネタウンを実現するフューチャーセッション

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について