『2020年の働き方とは?「未来の新卒採用100」探索セッション』レポート

日本独特の新卒一括採用方式には様々な異論反論がある。昨今では企業と学生のマッチングの問題が取りざたされているなかで、ユニークな採用活動やグローバル就活が取り上げられている。

とはいえ、企業全体での解決策は見えず、働き方も多様化する中で制度が変化に附いていっていない。採用活動における変化の兆しや意識の変化を集め、“新卒採用のあるべき姿”を考えるために「未来の新卒採用100」探索セッションが開催された。

 

主催者紹介

株式会社ビジネスサーチラボの山本圭樹さん。大学の文系学者による「社会科学」と企業をつなぎ合わせることでイノベーションを起こす取り組みを行っています。学生時代はアルバイト募集を行っていなかった京都にある星野リゾートの高級旅館に3度の乗り込みの結果採用された行動的かつユーモアあふれた方です。23歳。
2013-06-02 13.47.05

ファシリテーターの筧大日朗さん。株式会社フューチャーセッションズ。(下の写真左)
2013-06-02 15.12.39

 

リノベーション空間から新たな未来の働き方を考える

家族連れや外国人、老若男女問わず人で賑わう週末の歩行者天国、歌舞伎座から最新ファッションまで溶け合う街、銀座。
2013-06-02 12.29.50

この煌びやかな街の一角にて、企業、NPO、学生、様々な立場を超えて参加者が集まり、民宿旅館をリノベーションしたコワーキングスペース「LEAGUE」にてセッションが行われました。非常に柔らかさと居心地の良さを合わせたオシャレな空間です。
2013-06-02 13.07.07

「未来は不確実だが、1人1人の行動が未来を創る。フューチャーセッションは創意形成の場です」と筧さん。さぁ、フューチャーセッションスタートです!!
2013-06-02 13.13.24

 

参加者が体験した新卒採用を共有

グループを変えながら自己紹介をし合う。新卒採用や就活をした人、してない人、様々な体験から関係が繋がっていき、場が暖まり始める。昔は退職金まで見て就職を決めたという話が驚きでした。一面性が共有されることで多面的になっていきます。
2013-06-02 13.37.56

 

変化の兆しを集める 「新卒採用」から「働き方や目的」へ

続いてワールドカフェ。現在の新卒採用について変化の兆しが4人1テーブル毎に次々とブレインストーミングされます。

「大部分の企業が行うポテンシャル採用」、「起業家に関する動向」、「学生の2極化」、「母娘就活」、「グローバル化」など様々な意見が出されました。
2013-06-02 14.03.36

2013-06-02 14.07.34

2013-06-02 14.08.00

2013-06-02 14.37.24

続いて不確実性が高い/低い、インパクトが大きい/小さいの2軸を取り、集まった変化を整理する。
2013-06-02 14.48.02

前半の最後に全員で4テーブルのグラフを見て回り、最もインパクトの大きいと感じる変化に「☆」を付けて回る。
2013-06-02 14.53.16

2013-06-02 14.55.41

結果、最も新卒採用に与えるインパクトが大きく、確実性が高いのは

1位「兼業が普通になる」、2位「在学中のエントリー禁止」、3位に「NPO人気が高まる」が挙がりました。
2013-06-02 15.45.20

 

似た変化の意識を持つ人と未来を描くということ

似た者同士でグループを組み、未来の新卒採用について変化の兆しを相対する2軸で捉え、採用方法と人気企業を4象限に分けてシナリオライティングを行いました。
2013-06-02 15.50.39

2013-06-02 15.51.27

2013-06-02 16.22.13

2013-06-02 15.54.30

2013-06-02 15.58.25

全部で14のシナリオが描かれ、どれも実現すると面白いものばかりでしたが、
今回は中でも印象的だったシナリオについて紹介します。

「将来は副業が人気になるのではないか?
働く個人と企業の合致が求められる現状の中、働き方に対して多様性を認める声が多い。しかし働く先が1つという状態は自分の「仕事でやりたいこと」が「会社のやりたいこと」に一致している状態である、と言える。一方で話題のノマドやスーパーテンプといったパラレルキャリアは1つの熱中できる仕事を探している状態、と言えないか。つまり2つの間で仕事を探し求めぐるぐる廻っているんじゃないか?」

シナリオでは軸として、即戦力⇔ポテンシャル採用、仕事は1つ⇔パラレルキャリア、とされました。
2013-06-02 16.38.30

2013-06-02 16.46.33

2013-06-02 16.54.35

2013-06-02 17.03.25

もう一つは、

「現在、最も問題となっているのは企業と学生のミスマッチにあり、3年3割と言われる原因となっている。現在の在学中の就職活動では自分の実力、「自分がやりたいこと」も分からないままになっているのが問題だ。しかし企業が採用活動においても競争状態にあるのが要因でもあり、企業は採用において良い学生が集まらないことを恐れている。その現状を打破するために問題意識を発信し続け、トップダウンのロビー活動で変えていく必要がある。」

シナリオでは軸として、在学中の就職活動⇔卒業後の就職活動、地元志向⇔グローバル志向、とされました。

最後にファシリテーターの山本さんから総括とともにお話をお聞きしました。

「新卒採用はステークホルダーが絡み合った複雑な制度である。その中で働き方やキャリア自体に多様性が見出されるようになった。その中で、慶應義塾大学の古市さんは「学士に夢をあきらめさせろ」と言っています。就職活動をする学生に求められるようになるのは未来を切り拓く力、「捨て身力」なのかもしれないですね。」
2013-06-02 17.10.08

 

今後の活動予定について

新卒採用探索セッションでは今後も活動を行い、実際に企業や行政に対し採用のコンサルタントにまで落とし込んでいく予定です。今年就職活動を経験した私には非常にホットな話題でした。大企業ではグローバル採用に向けた動きが出てきたりする中、スキルを持ったホワイトカラーやスペシャリストが台頭していくのか、社会人になる身としても今後の動向が気になるトピックです。民間企業、NPO、ベンチャー企業、行政機関、学生と新卒採用活動に関わる色とりどりの人から生まれる未来への創意空間。

続報が楽しみです!

気になった方はぜひ、参加してください。

Future Sessions

株式会社ビジネスリサーチラボ

 

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。