Child Future Session Week 「子ども」×「未来の家族」を考える|レポート

2014年2月13日、全国20カ所5000名の “困った” から出発し、「未来の家族」を考えるフューチャーセッションが開催されました。

 

日本財団『ママプロ』× 株式会社サイバーエージェント『Ameba mama』

主催は、日本財団『ママプロ』と株式会社サイバーエージェント『Ameba mama』の共同プロジェクト、ママ総研です。

全体の進行は、日本財団の高島友和さん。
mamasouken_03

今日は「自分のアクションとして何ができるのか」もそうですし、私たち日本財団であったり、小笠原舞さんであったり、サイバーエージェントさんであったり、偶然集まった人たちと一緒に何ができるのかとヒントを見つけられればいいな、と思っています。

 

インスピレーショントーク

はじめに、こども、子育て支援等に関わる4名から、短い時間での話題提供がありました。

Child Future Session Week発起人であり、保育士、asobi基地代表、こどもみらい探求社の小笠原舞さん。
mamasouken_02

会社員を経験してから、今は保育士をしています。保育現場でこどもたちと接していると、たとえば企業のアプローチで、こどものため、と言いながら、「本当にこどものためと思ってやっているのかな?」など、社会の矛盾を感じました。

保育士のほかに、Child Future Sessionから生まれた『asobi基地』の活動や、こどもたちの現場と親御さんのニーズを、保育士の専門性を活かして繋げていく仕事をする『こどもみらい探求社』の活動をしています。

いちばんやりたいのは、「こどもたちがどう思っているのか」「こどもたちに本当はどうするのがいいのか」を多くの人に考えてもらうということです。なぜなら、個人でどんなにいいアプローチをしても、家庭であったり社会であったりの影響が最も大きいからです。社会をデザインしていきたいと思っています。

孫育て・ニッポンの棒田明子さん。
mamasouken_04

子育てではなく、孫育て・ニッポンの棒田と申します。26歳でこどもを生んで、退院したときに感じたのは、「もうこれで私たち、あなたとはおさらばですよ。ひとりで頑張ってください」という空気でした。

任意団体でお産まわり、こどもまわりをずっとやっていて気づいたのは、日本では出産がゴールという考え方になっていることです。出産後はお母さんの行きどころがないし、こどもは親の力量にまかされてしまう。サポートし合える仕組みが作れないかと、NPOを立ち上げました。

日本は冷たい社会……ですよね。が、母親は妊娠したときにスイッチが入ると言われ、父親はこどもの顔を見て少しスイッチが入ると言わます。一方で、おじいちゃんおばあちゃんも、孫の顔を見たときにスイッチが入る人が多いんです。スイッチが入ったところを、もう少しこどもに優しい社会に活かせないかと、現在の活動をしています。

株式会社サイバーエージェント『Ameba mama』から、秋田のぞみさん。
mamasouken_05

サイバーエージェントのママ事業部では、『Ameba mama』という名称でブログやコラム、フリーマーケット、クラウドソーシングなどのサービスを展開しています。インターネットを通してママたちがコミュニケーションをとったりだとか、生活のサポートになったりだとか、より豊かに、元気になってもらいたいという思いでやっています。

日本財団さんとのママ総研の活動にあたっては、情報発信であったり、インターネット上でママの声を吸い上げて社会活動に活かしていったり、強味を活かして提案していきます。第一弾として、ポストツリープロジェクト(後述)のWeb版をリリースしました。今後も活動を広げていきたいと考えています。

Ameba mama × 日本財団ママブロ ママ総研 | Ameba ママブロ

日本財団『ママプロ』から田代純一さん。
mamasouken_06

日本財団では様々なマイノリティ支援をしていて、5年ほど前までは、ボートレースを収益源に、NPOに資金提供する形が主でした。が、少子高齢化の影響など、みなが課題を抱えることになるだろう、という中で、財団とNPOだけでは到底担えません。企業や市民など、みんなでやっていこうという流れのなかで、「ママの笑顔を増やすプロジェクト」が生まれました。

まずは、ママの生の声を聞かなければ始まらないよね、というところで、ポストツリープロジェクトを始めました。全国のママパークやNPOと協力して、ママがママに話を聞くという形で、ママの声を集めてきました。

単に保育園に入れないから保育園を作ればいい、ということではなくて、さまざまな背景があるはずなので、推察しながらみなさんと課題解決を考えていけたらな、と思っています。

mamasouken_01

ポストツリー 日本財団 ママプロ

 

ポストツリーから未来の家族を考える

フューチャーセッションでは、このポストツリーの “困った” を出発点とし、「未来の家族の笑顔は?」という問いを立て、対話を重ねていきます。
mamasouken_08

mamasouken_09

mamasouken_13

mamasouken_10

3つのグループそれぞれ、話題も、話の方向性も、グループの雰囲気もまったく異なり、非常におもしろく感じました。取材しながらじっくり聞き耳を立ててしまいました。

 

未来に向けて協力して行動できるアクション

約1時間かけてじっくり対話したのち、未来に向けて協力して行動できるアクションへと落とし込んでいきます。

各グループで話された内容を、全体でシェアします。

■グループ1
・女性ならではの悩みは、なかなか男性にはわからない
・当事者意識が大切。特に、ママが置かれている状況を男性が知らないといけない
・パパがママになる日を設けるなど、男性がママの置かれている状況を知る機会をもっと増やせないか
・中高生くらいからママ業の職業体験をする仕組みを作れば、男性も理解を深められるし、女性も出産前から心構えができる
・社会の中でママに対する認識が変わり、包容力のある社会に変わっていくのではないか

■グループ2
・ママ同士が気軽に話せる場が少ないのではないか、子育て環境には地域差が大きいのではないか、という話が出た。
・前もって知っていれば不安は解消できる部分もあるので、こどもの年齢が上の世代のママの話を聞くことで、対策ができるのではないか
・自分の悩みはなかなか解決できないが、他人の悩みにはいろいろ言える。保育士ファシリテーターをたくさん要請して、地域ごとに集まれる仕組みを作る。他人の悩みについて対話する中で、本当の課題、本当のニーズが見えるのではないか
・課題をWebで共有し、その課題を解決できる人や団体とのマッチングができるのではないか

■グループ3
・ママを支援しようという流れは出てきているが、一方でママ自身に自己肯定感が育まれていないのではないか
・例えば、「いないいないばあ」をどちらからやったほうがいいのかとか、段ボールを齧るのをやめさせたほうがいいかとか、そういう些細なことで悩んでしまうママもいる
・これがないからできない、あれがないからできない、ではなく、どうしたら一人ひとりが自信を持って子育てをしていけるか
・自分の生きる力になるような話が聞けるセミナーなど、地域で集まれる場があればどうか
・ライフデザインは、年上から聞くのがいい。ベテランママ、先輩ママに話を聞ける場をつくりたい

mamasouken_11

mamasouken_12

以上、とても多様性に富んでいたのが印象的でした。

 

リアルなママの声はここにあります

ポストツリーに寄せられたリアルなママの声を、どう活かして、ソーシャルイノベーションに繋げていくのか。

たとえば、子育て支援で何かをやろうと考えている場合に、生の声が聞きたいという場合には、これから膨大な手間を掛けずとも、ポストツリーを活かせます。リアルなママの声は、すでにここにあります。

日本財団ママプロ × Ameba mamaのママ総研は、この先も活動を広げてゆくとのこと。一緒にできることがありそうだ、という企業、行政、NPO、個人の方は、ぜひコンタクトしてみてください。

ポストツリー 日本財団 ママプロ

Ameba mama × 日本財団ママブロ ママ総研 | Ameba ママブロ

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。