【6/2】食のフューチャーセンター6月定例会

食のフューチャーセンター6月定例会

食のフューチャーセンター柏は、社会課題に対し、立場を越え、多様な人たちが集まり、力を合わせて、地域・未来に働きかけていきます。活動を通して、「つながり」ある地域社会をデザインしていきます。
昨年のフューチャーセンターウィークから1年間、活動してきました。毎月、興味のある方の誰でも参加できる定例会を開催し、食を通して社会のつながりを築いてきました。6月2日の本セッションでは、あえて、いつも通り平常のワークショップや報告・連絡、プロジェクト・マネジメントによって、引き続き地域に根の張った活動を深めていければと思います。

食のフューチャーセンター6月定例会

■主催

食のフューチャーセンター柏事務局

 

■日時

2013年6月2日(日) 14:00〜17:00

 

■場所

ネクスファ 柏校
〒277-0843 柏市明原3-4-16 2F

 

■参加費

500円

 

■定員

25名

 

■対象

食に関わるすべての方。
地域のつながりを大切に、より良い社会を築いていきたいすべての方。
フューチャーセンターの運営に興味のある方。

 

■内容

「食のフューチャーセンター柏」は、誰もが関わりを持っている「食」をキーワードに、みんなの力とアイデアを引き出し、柏の未来を描き、実現させていく場です。

フューチャーセンターとは、環境問題や高齢化といった、大きく複雑な問題に対して、社会の叡智を集め、当事者を巻き込んで解決していく仕組みです。本会は、柏まちなかカレッジにより開催されてきたフューチャーセンターから発展し、広がってきたものです。

社会課題に対し、「食」をきっかけとして、立場を越えた多様な人たちが集まり、力を合わせて、地域・未来に働きかけていきます。

人と人、人と社会、人と自然、過去と未来、組織間、世代間。あらゆる「つながり」が分断されていく現状です。私たちは、活動を通して、「つながり」ある地域社会をデザインしていきます。今、コミュニティカフェ・プロジェクトと「食」を中心とした教育プロジェクトが動き始めています。人がつながり、体験し、学び、育ち合えるような地域社会を目指しています。
http://food-fck.blogspot.jp/

■プログラム

関係性を作る
ストーリーテリング(Storytelling)
なぜ、ここに来たのか?
「○○×食」の○○についてシェア。

5月の活動報告
金魚鉢(Fishbowl)
各グループリーダーの活動報告。
その他、食のフューチャーセンター関連の活動をシェア。

食のフューチャーセンター知的資産経営レポート作成
ワールドカフェ(World Cafe)
1周年カンファレンス(6/30開催)に向けて
ブレインストーミング(Brainstorming)
この1年を振り返って
サークル(Circle)

 

■WEBサイト

食のフューチャーセンター6月定例会

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について