【6/2】地域リビング×地域福祉の未来

地域リビング×地域福祉の未来

少子高齢化、核家族化が進む今、だれもが集える場の役割と可能性をみんなで創造しよう!そして、地域社会や私たちの暮らしの未来像を描こう!!

地域リビング×地域福祉の未来

■主催

NPO法人ドリームタウン

 

■日時

2013年6月2日(日) 18:00〜21:00

 

■場所

地域リビング プラスワン
東京都板橋区高島平2-28-1-102 高島平団地イーストサイド名店街内

 

■参加費

800円

 

■定員

12名

 

■対象

地域コミュニティや社会課題解決に関心のある方。
NPO実践者の方。

 

■内容

私たちは、「地域リビング プラスワン」を2013年4月に開設しました。

「地域リビング」とは、地域の共同のリビング、日常をシェアする場所。
世代や国籍を問わず、人々の交流の拠点となることで、新たなコミュニティを生み出す場をつくりたいと始まりました。

毎日、赤ちゃん、学生さん、ご高齢の方、重度の身体障がいをお持ちの方、 知的障がいをお持ちの方など様々な方がいらしてくださいますが、会話を通して、それぞれが抱えている課題が見えてきます。
多様な人が交差する中で、お互いに抱える課題を共有し、自然と助け合える場が生まれてきています。

例えば、昨日は、地域リビングで待ち合わせをして、高校生がご高齢の方にパソコンを教えてあげていました。今日は、棚を買ってきてくれたお礼にと、おばあちゃんが、マグロの差し入れをしてくださいました。
そんな日常のちょっとした助け合いが、地域を豊かにするのではないかなと思っています。

現在、全国各地に居場所づくりとして地域の交流拠点が広がっています。
高島平にも、私たちの地域リビングを含め4つの交流拠点があります。

歩ける範囲内に地域の交流の拠点があったら、私たちの生活にどのような変化があるのでしょうか。

交流拠点等を運営する地域NPOと専門的課題解決をしているNPOや生活産業の事業者さんとのコラボレーションで出来ることは何があるでしょうか。

「ボランティアとか社会貢献とかしたいんだけど、やる場所がなくって」といった声を沢山聞いてきましたが、行政だけに頼らず、自分たちで地域福祉の向上を目指すことはできないでしょうか。

今回は、「地域リビング×地域福祉の未来」というテーマで、少子高齢化、核家族化が進む今、地域社会の未来や私たちの暮らしの未来を描いていきましょう。
みなさんと一緒に、自分たちから過ごしやすい地域づくり進める第一歩となったらと思っています。

また、このセッションは一度きりではなく、

<地域リビング×子育て>
<地域リビング×高齢者福祉>
<地域リビング×医療>

など、各テーマについても掘り下げていき、ステキなアイディアは、地域リビングで実際に実行するという形で進めて行けたらと考えています。

高島平での開催ですが、どこの地域にお住まいの方も是非、ご一緒にこれからの未来を創造していきましょう!

ご参加をお待ちしております!!

■WEBサイト

地域リビング×地域福祉の未来

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について