【6/9】グローバリゼーションの未来

グローバリゼーションの未来

TPPなど農業をはじめ、日本のグローバル化は待ったなしと言われています。

20年後、
どんな世界になっているのでしょうか?
世界と日本の関係はどのようになっているのでしょうか?
食やエネルギーはどうなっているのでしょうか?

「グローバリゼーションの未来」を考え、今からできることを模索します。

グローバリゼーションの未来

■主催

しあわせCAMP

 

■日時

2013年6月9日(日) 19:00〜22:00

 

■場所

名古屋・山手サロン

名古屋市昭和区山手通1-17-1  シャンポール山手2Fエトワールソガ内

 

■参加費

2,000円

 

■定員

20名

 

■対象

TPPや食の安全について関心のある方
グローバル化について、漠然とした不安を抱いている方

 

■内容

311の尊い犠牲を経て私たちが胸に刻むべきことは何でしょうか?

『幸せな未来』は自分ら参加して、提案し、実行してゆくことで引き寄せるものだという事ではないでしょうか?

民主主義についてわかったことは、それが正しいかどうかに関係なく、より多く声をあげ、提案した人たちの意見が通るということです。

自らの意見を持ち、参加してゆくために、未来への示唆に富んだ映画を観て、みんなの多様な知見を持ち寄り、未来を思い描くフューチャーセッションを開催します。
※フューチャーセッションとは
http://www.ourfutures.net/stories/2

今回は、「グローバリゼーションの未来」について考えます。
その先にどんな未来があるのか、グローバリゼーションに直面した『現代のマヤ』についてのドキュメンタリー映画『マヤ〜天の心、地の心 』を題材に考えます。
http://www.heart-of-sky.net/exp

■プログラム

関係性をつくる
19:00 〜 19:10 サークル(Circle)
自分の名前、グローバルの未来と聞いて思い浮かべたこと

19:10 〜 20:20 ストーリーテリング(Storytelling)
グローバリゼーションに直面した『現代のマヤ』についてのドキュメンタリー映画『マヤ〜天の心、地の心 』を題材に考えます。
http://www.heart-of-sky.net/exp

遺伝子組み換えや鉱山開発など現代のテクノロジーや、グローバリゼーションの波に翻弄される現在のマヤと、環境破壊に立ち向かおうとしているマヤの人々の姿を捉えたドキュメンタリー。

メキシコ南部とグアテマラで暮らす6人のマヤ人の日常生活を取材し、古代から受け継がれてきた伝統を大きな変化の波の中で受け継ごうとする者たちの姿を追う

変化の兆しを集める
20:20 〜 20:35 ブレインストーミング(Brainstorming)
映画を観て感じたことを共有する。
日本においてもどんな変化の兆しが起きているのか、それぞれが持っている知見を持ち寄る

未来シナリオの分岐点を発見する
20:35 〜 21:05 ワールドカフェ(World Cafe)
変化の折り返し地点で何が起きているのか?
変化を起こしている要因についてイマジネーションを広げる。

アクションを生み出す
21:10 〜 21:40 クイックプロトタイピング(quick prototyping)
変化点において自分たちにできうるアクションを2分以内の即興で演じます。
1.場面、役柄、Goal設定などの話し合い
2.即興劇

21:40 〜 22:00 サークル(Circle)
やってみて感じたことを全体で共有

 

■WEBサイト

グローバリゼーションの未来

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について