【6/7】”働き方の未来”フューチャーセッション:「未来の働き方:コミュニティとともに働く」

”働き方の未来”フューチャーセッション:「未来の働き方:コミュニティとともに働く」

働き方の未来を考えるフューチャーセッション・シリーズ、第1弾。

ビジネスエアポート青山で、定期開催していきます。

第1回のテーマは、「未来の働き方:コミュニティとともに働く」です。

平日は会社に仕え、休日はボランティア、というバランス型の働き方ではなく、ワークとライフを統合して、平日の仕事そのものを社会と寄り添い、よりよいコミュニティをつくるためのものにしていくことは、できないのでしょうか?

社会イノベーションを志してフューチャーセッションズを立ち上げた野村恭彦が、同じくコミュニティとともに働くことを貫いている起業家のお二人をお招きし、新たな”WORK WITH COMMUNITY”という視点で働き方を問い直します。そして、参加者全員で、新たな働き方の可能性を編み上げたいと思います。ぜひとも、よろしくお願いします。

”働き方の未来”フューチャーセッション:「未来の働き方:コミュニティとともに働く」

■主催

フューチャーセッションズ

 

■日時

2013年6月7日(金) 18:00〜21:00

 

■場所

ビジネスエアポート青山

東京都港区南青山 3-1-3 スプライン青山東急ビル6F ビジネスエアポート青山

 

■参加費

3,000円

 

■定員

35名

 

■対象

「仕事」と「コミュニティ」を一致させた働き方に、興味津々の方。誰でも!

 

■内容

特別ゲスト:
(1) 矢島里佳さん(和える代表)
コミュニティの持つ資源を活かしたものづくり企業を立ち上げている矢島里佳さん。「日本の伝統を和える」をコンセプトに、日本の伝統を次世代に繋ぐために、匠の技を活かした0から6歳向けの伝統ブランドaeruを展開しています。
http://a-eru.co.jp/

(2) 広石拓司さん(エンパブリック代表)
コミュニティづくりを生業にする人を育てている広石拓司さん。幅広い人が社会活動を充実させるための、資源発掘、人材育成、仕組みづくり、運営支援といった、市民社会のバリュー・チェーン構築を進めています。
http://empublic.jp/index.html

 

■プログラム

関係性をつくる
18:00 〜 18:30 ストーリーテリング(Storytelling)
本テーマの発起人、野村から、「想い」と「大切な問い」。
ゲスト2名(矢島さん、広石さん)のストーリーテリング。
“WORK WITH COMMUNITY”について。(各10分)

テーマに沿って知識を広く持ちよる
18:30 〜 19:20 金魚鉢(Fishbowl)
ゲストとファシリテーターに加え、3つの席を用意し、金魚鉢トーク。
Round 1: コミュニティとともに働く(Work with Community)とは何か?
Round 2: なぜ、コミュニティとともに働きたいのか?必要があるのか?

最後の10分で、全員が付箋に「コミュニティとともに働く(Work with Community)」の意味を書いて、壁に貼り付けます。

19:20 〜 19:30 ブレイク
休憩時間中に、ファシリテーターが10のテーマ領域を設定。

プロトタイピングする
19:30 〜 20:30 クイックプロトタイピング(quick prototyping)
10のテーマ領域について、各グループに分かれて具体化。(30分)
各グループの発表。(30分)

アクションを生み出す
20:30 〜 21:00 サークル(Circle)
グループ発表を受けて、ゲスト2名とのクロージング・ダイアローグ。(10分)
各グループでのチェックアウト。(10分)
ファシリテーターのまとめ。(10分)

 

■WEBサイト

”働き方の未来”フューチャーセッション:「未来の働き方:コミュニティとともに働く」

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について