【6/9】“余力”でつながる未来を考えよう

“余力”でつながる未来を考えよう

私たちがふだん何気なくこなしていることが、実は隣の人の困りごとを解いてしまうとしたら、わくわくしませんか?そして、そのやりとりが時間や地域を越えてつながっている未来とはどのようなものでしょうか?

“つながLis+”は、シブヤ大学フューチャーセッションから生まれたプロジェクトのひとつで、新しいカタチの「つながり」を創造する実験として活動を開始しました。

セッションでは、“余力”の定義、余力のやりとりが生きるシーンとそれを生かすための仕組みについて皆さんと考えます。

“余力”でつながる未来を考えよう

■主催

つながLis+

 

■日時

2013年6月9日(日) 13:30〜16:30

 

■場所

CTW

東京都渋谷区神宮前5-12-7 CULTURE表参道2F

 

■参加費

無料

 

■定員

30名

 

■対象

・セッションの目的に興味のある方
・自分の余力、お隣の人のニーズに気づきたい方

 

■ファシリテーター

野村恭彦さん(フューチャーセッションズ代表)
株式会社フューチャーセッションズ

 

■プログラム

オープニング
13:30 〜 13:50 イントロダクション
“つながLis+”のコンセプトと活動、今後の予定について紹介します。
本日のセッションの目的、進め方を説明します。

13:50 〜 14:05 チェックイン
任意の4人グループに分かれて自己紹介をします。
受付で配布するワークシートに、ここ1ヶ月のあなたの幸福度/テンションをグラフとして描き、紹介しあいます。

ビジョンを共有する
14:05 〜 14:40 余力発掘ワークショップ
つながLis+チームによる余力発掘ワークショップを、通常の縮小バージョンで体験します。

14:40 〜 15:10 ブレインストーミング(Brainstorming)
どのようなシーン(属性、地域、コミュニティ等)に余力を生かせるかを考え、付箋で貼り出します。

各チームのアウトプットから自分の興味のあるシーンを見つけ、4~5人のグループに分かれます。

~休憩もここで~

アクションを生み出す
15:10 〜 16:00 プロトタイピング
シーン別のグループに分かれ、余力のやりとりが生きるシーンと生かすための仕組みを考えます。

シーン別 余力でつながる未来シナリオの発表
16:00 〜 16:20 ハーヴェスト
各チームより発表し、全体に共有します。

クロージング
16:20 〜 16:30 サークル(Circle)
本日の気づきを一言ずつ共有します。

 

■WEBサイト

“余力”でつながる未来を考えよう

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について