【1/22】みなとフューチャーセンター×『マチノコト』未来都市2050~これからのコミュニティのあり方を考える

みなとフューチャーセンターと、コミュニティデザインマガジン『マチノコト』のコラボレーションにより、フューチャーセッションの手法を取り入れたワークショップ「未来都市2050~これからのコミュニティのあり方を考える」が開催されます。

防災情報マガジン「Standby」がコミュニティデザインマガジン「マチノコト」へとリニューアルしたことを記念し、「みなとフューチャーセンター」とのコラボレーション企画として、「未来都市2050~これからのコミュニティのあり方を考える」を開催します。

課題先進国日本とも言われる状況の中、行政や企業、NPO、そして地域住民がつながりを持って新たなコミュニティをつくることにどんな意味があるのか。2050年、私たちはどんなまちでどんな暮らしをしていきたいのか。

ほんのちょっと真剣に、未来の暮らし方を考えてみませんか。

このイベントでは、コミュニティデザインの成功事例や今後求められるまちづくりの展望を紹介するトークショーに加え、フューチャーセッションのワークショップの手法で、参加者同士の交流をはかり、まちづくりを通した未来の生活を考えます。

【概要】
■日時: 2014年1月22日(水)19:00~21:30(18:30開場)

■会場: ARK HillS CAFÉ(六本木)http://www.arkhillscafe.com/
東京都港区六本木1-3-40
地下鉄南北線 六本木1丁目駅(3番出口)から徒歩2分
地下鉄銀座線・南北線 溜池山王駅(13番出口)から徒歩4分

■タイムテーブル
18:30〜 開場
19:00~ イベント開始
19:10~ スタンバイの紹介/マチノコトの説明/フューチャーセンターの説明
19:30~ ゲストプレゼン それぞれの団体の活動からみる、地域コミュニティの未来
■ゲスト登壇者
・株式会社ツクルバ http://tsukuruba.com/  山本倫広氏
・Code for japan http://code4japan.org/ 副理事長:高木祐介氏
・森ビル株式会社 タウンマネジメント事業部 大柿隆氏
20:30~ ワークショップ:「課題先進都市東京」でぼくらがこれからできること
21:30  閉会

■コーディネーター
みなとフューチャーセンター事務局長 玉川幸枝

■会費
参加費500円(当日、現地でお支払いください)

1/22 開催!「未来都市2050〜これからのコミュニティのあり方を考える」 | Peatix