【6/2】「未来の新卒採用100」探索セッション

「未来の新卒採用100」探索セッション

現状の大企業による新卒一括採用モデルに対しては、以前からさまざまな異論反論がある。最近でも就活解禁を延期するという話題が出ている。企業に対する就職意識は大きく変化してきているにも関わらず、具体的な解決策は示されていない。

一方、ベンチャー企業などでは、ユニークな採用活動も行われている。今回のフューチャーセッションでは、新卒採用を取り巻く意識の変化、採用活動の変化の兆しを集め、「新卒採用のありたい姿」について、複数の未来シナリオを描き世に問うて行きたい。

「未来の新卒採用100」探索セッション

■主催

株式会社ビジネスリサーチラボ
株式会社フューチャーセッションズ

 

■日時

2013年6月2日(日) 13:00〜17:00

 

■場所

LEAGUE銀座 イベントルーム
東京都中央区銀座3-11-3

 

■参加費

無料

 

■定員

23名

 

■対象

企業の経営者、人事部や採用担当者、大学の先生、これから就活をする人、就活中または就活を経験してきた人など、これからの新卒採用のあり方について未来思考で考えていきたい方々。

 

■内容

「未来の新卒採用のあり方とは?」という問いについて、「社会科学」の研究者で構成された研究機関であるビジネスリサーチラボと、未来思考の対話の場でイノベーションを起こしていくフューチャーセッションズがコラボレーションすることで、具体的な新卒採用のあり方を100個探索していくプロジェクトの第一弾セッション。

新しい新卒採用に関する研究データと、多様な参加者との対話を組み合わせることで、「2020年の新卒採用」をテーマに未来シナリオを描いていきます。

■プログラム

関係性をつくる
13:00 〜 13:30 イントロダクション
セッションの目的、進め方について共有します。 また、ペア対話などを通じ、参加者の間での関係性をつくります。

変化の兆しを集める
13:30 〜 13:50 ストーリーテリング(Storytelling)
新卒採用について、ビジネスリサーチラボの山本さんから想いや新たな兆しを共有します。

13:50 〜 14:35 ワールドカフェ(World Cafe)
参加者同士で新卒採用に関する変化の兆し(微弱なシグナルや予測不能な出来事など)について対話します。
最後にテーブルごとに、気になる変化の兆しを付せんに書き出し、横軸「不確実性」が高い/低い、縦軸「インパクト」が大きい/小さいの4象限の中にマッピングします。

重要な社会変化の要因を特定する
14:35 〜 14:50 ドット投票(Dot Voting)
参加者各自が5票ずつシールを持ち、新卒採用に対して影響力が大きく、不確実性も大きい要因に投票します。
投票後は、投票結果を集計します。

14:50 〜 15:00 休憩
未来シナリオの分岐点を発見する
15:00 〜 15:20 マグネットテーブル
投票数トップ5の変化の兆しを参考に、一人一人が最も気になる変化の要因から、変化の分岐点となる軸(ex. 外国人との採用競争が進む/進まない、社会貢献組織の人気が高まる/利潤追求組織へのより戻しが起きるなど)を一つA4用紙に書きます。その用紙を持って歩き回り、できるだけ多くの人の記述を見た上で、以下のいずれかの人たちで4人チームを組みます。
(1) 似たことを書いている人
(2) 一緒になると化学反応を起こせそうな人
(3) 自分の書いたものを捨てていいと思える案を書いている人

未来シナリオを描く
15:20 〜 16:20 クイックプロトタイピング(quick prototyping)
チームで変化の分岐点となる2軸を決め、その軸で別れる4象限ごとに、以下の観点で未来シナリオを描きます。
– 未来の人気企業・組織トップ3とその選定要因
– トップ3の組織の採用方法(どのような特性を重視し、どのようなプロセスでその特性を見ていくのか)

16:20 〜 16:50 プレゼンテーション
各チームの未来シナリオを発表します。

16:50 〜 17:00 サークル(Circle)
チェックアウト。それぞれの未来シナリオに対し、「何ができて、何をなさねばならないか」について共有します。

 

■WEBサイト

「未来の新卒採用100」探索セッション

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について