静岡でFCの中間支援・ノウハウの提供を行う『ESUNE』がWEBサイトを開設

静岡でフューチャーセンターの中間支援・ノウハウの提供を行う『静岡フューチャーセンター・サポートネットESUNE(エスネ)』が、WEBサイトを開設しています。

Shizuoka FC Support Net “ESUNE” on Strikingly

以前にも紹介していますが、静岡県静岡市ではフューチャーセンターが広がりをみせ、現時点で6つの場が活動しています。

“地域に一つフューチャーセンター” へ一歩を踏み出しつつある静岡県 | FutureCenterNEWS JAPAN

静岡新聞が静岡市におけるフューチャーセンター活用の広がりを一面掲載 | FutureCenterNEWS JAPAN

起点となったのは、静岡県立大学・経営情報学部の国保ゼミで運営されているKOKURABOフューチャーセンターです。フューチャーセンターの優れたモデルケースでもあります。

ESUNEは、国保ゼミの卒業生や、静岡大学の卒業生が中心となり、活動しているようです。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。

静岡県立大学国保研究室(国保ゼミフューチャーセンター)が2013年度のアニュアルレポートを公開

国保ゼミフューチャーセンターを運営する、静岡県立大学経営情報学部・国保研究室が、2013年度のアニュアル・レポートを公開しました。

静岡市を中心とする静岡県では、国保ゼミフューチャーセンターという優れたモデルケースが存在することで、周囲にさまざまなフューチャーセンターが立ち上がり、ネットワークが築かれつつあるという、全国的に見ても希有な事例が生まれています。

“地域に一つフューチャーセンター” へ一歩を踏み出しつつある静岡県 | FutureCenterNEWS JAPAN

国保ゼミフューチャーセンターは、特に “場” の作り方において、目を見張るものがあります。また、大学フューチャーセンターということで、当然ながら学生の参加が多く、社会常識に縛られない思考の重要性を教えてくれます。

フューチャーセンターにかかわる方にとって、国保ゼミフューチャーセンターから得られるものは非常に多く、必ず一度は体験しておく価値がある、優れたモデルケースです。2014年新年度は4月14日(月)からスタートし、基本的に毎週月曜日に定期開催されます。ぜひ機会を見つけて、足を運んでください。

国保研究室

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。

【3/23】自分のしごとフューチャーセッション~まちで働くをデザインする~

2014年3月23日(日)、『NPO法人Mystyle@こだいら』と『創業支援センターTAMA』の共催により、「自分のしごとフューチャーセッション~まちで働くをデザインする~」が開催されます。

満員電車に乗って、遠く1時間、2時間かけて通勤するのではなく、暮らしているまちで、まちとつながりながら、仕事も暮らしも大切にする働き方をしたい。

私たちNPO法人MyStyle@は、これまでの活動を通じて、こんな声をたくさん聞いてきました。
働くスタイルも、どこかに勤めるというだけではなく、フ リーランスやSOHO、本業と並行した2枚目の名刺、コミュニティビジネスによる起業など、多様なスタイルがうまれています。

しかし、実際に地域に根ざして「まちで働く」とはどういうことなのか、そのために必要な働く場・交流する場とはどういうカタチなのかを知る機会は、あまりありません。

地域を知り、
つながり、
自ら必要な場を発見し
ジブンらしく「働くスタイル」をデザインするために、
必要なことは、どんなことでしょう。

自分のしごとフューチャーセッションは、ゲストスピーカ ーの物語を聞き、同じ思いの人たちと語り合い、共有する ワークショップを通じて、自分らしく働く未来の種を発見 することを目指しています。

地域に根ざした自分らしい仕事・働き方
つくっていきましょう。

 
■ 概要
●日時
3月23日(日)午後1時~4時 

●実施体制
共催:NPO法人Mystyle@こだいら/創業支援センターTAMA

●場所
小平市福祉会館 第2集会室
東京都小平市学園東町1丁目19-13

●参加費
無料

●こんな方はご参加ください
・まちに根ざした働き方がしたい。
・自分らしいスタイルで働くために、将来起業したい。
・すでに起業しているけれど、もっとまちとつながって、 仲間をつくりたい。
・コワーキングやシェアオフィス、自宅事務所など、いろ いろあるけれど、どんな場でみんなは働いているのだろう 、もっと情報がほしい。

●定員 
30名(先着順)

自分のしごとフューチャーセッション~まちで働くをデザインする~|NPO法人Mystyle@こだいら 東京都小平市のコミュニティビジネスをサポート

詳細は、上記ホームページを参照ください。

日本全国のフューチャーセンター情報、セッション取材レポート、特集記事