【6/9】日本のリ・デザイン

日本のリ・デザイン

これまで日本各地でホールシステムアプローチを専門に行ってきたファシリテーターが漠然と見てきた重要な課題は、日本には今、再設計(リ・デザイン)が必要であるということでした。

しかし、それは日本人のメンタルモデル(根底にある価値観)などとも関係して一筋縄ではいかないこともわかりました。今の日本において、様々な組織や個人で自己変容の兆しがあるものの、何をどうしたらよいかが見えてきません。そのためあきらめ感や「まずは自分だけが生き残ろう」というサバイバル発想、そして閉塞感が渦巻いている。個々の問題を分断して考え、モグラタタキをしていくのではなく、「日本の未来に向けて、今、何をリ・デザインすべきなのか」というそもそもを参加者とともに自由に話し合っていきたいと思います。

日本のリ・デザイン

■主催

Link and Create
(株)HRT

 

■日時

2013年6月9日(日) 15:00〜17:30

 

■場所

六本木(参加者に別途連絡)

 

■参加費

2,000円

 

■定員

20名

 

■対象

特に制限はありません。

 

■内容

今回のリ・デザインを目的としたフューチャーセンターは、現行の制度や仕組みをどう変えたらよいのかというシンクタンクや政府の審議会が行うタイプの話し合いではありません。

そもそも日本人のメンタリティは、今どうなっているのか。これからどんな未来を築いていくことが大切であり、そのためにどうすれば国民の変革エネルギーが沸き起こるかというそもそも論を展開する。”そもそも論”の展開にはそもそもカフェの手法を使います。

さらに話し合いで出てきた未来シナリオから逆算し、そのシナリオを実現するために必要なメンタリティとは何かを未来からのバックスキャンで考えてみます。さらに、メンタリティを醸成するための仕掛けを参加者から大胆に提案していただければと考えています。

時間は限られているため、コミュニティのグループfbを立ち上げ、行動したい人々が自主的に集まってオンラインで意見交換し、スピンアウト企画が立ち上がることを期待しています。

■プログラム

関係性をつくる
15:10 〜 15:20 サークル(Circle)
参加者が集まり、自己紹介やなぜここに惹かれてやってきたかについて30秒程度でお話しいただきます。

重要な社会変化の要因を特定する
15:20 〜 16:10 ワールドカフェ(World Cafe)
日本人の現在のメンタリティはどうなっているのか、さらに未来社会を創るためにはどうしたらいいのかということをそもそも会議の手法を使ったワールドカフェ ”そもそもカフェ”で話し合います。

アクションを生み出す
16:10 〜 17:10 シナリオプラニング
話し合いで出てきた未来シナリオから逆算し、そのシナリオを実現するために必要なメンタリティとは何かを未来からのバックスキャンで考えてみます。さらに、メンタリティを醸成するための仕掛けを参加者から大胆に提案していただければと考えています。

17:10 〜 17:30 サークル(Circle)
全員で出てきたシナリオを共有し、感じたことをシェアします。

 

■WEBサイト

日本のリ・デザイン

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について