【11/9】サイエンスアゴラ2013にて2つのフューチャーセッションを開催

科学祭『サイエンスアゴラ2-13』が、11月9日(土)・10日(日)に、お台場の科学未来館で開催され、2つのフューチャーセッションが実施されます。

ファシリテーションは株式会社フューチャーセッションズです。

サイエンスアゴラ「みんなでつくる7連続ワークショップ」 :: 平川ユニット :: 調査・研究 :: 科学コミュニケーションセンター|Center for Science Communication
サイエンスアゴラ2013 …

■11月9日(土)
10:20~12:00 サイエンスアゴラ2013 開幕セッション
WS1「つくるコミュニケーション『最上の問い』セッション」
主催:CSC
ファシリテーション:株式会社 フューチャーセッションズ

概要:専門家にとっての“つくるコミュニケーション”を実践します。専門家が「質の高い問い」を出すために、市民(異分野の専門家)が「なぜ」を問いかけることによって、洗練された課題設定(課題そのものを本質に近づける)を実現するセッションです。具体的には、30分のワールドカフェによって挙げられた「科学で解いてみたい社会問題」から、投票によって上位10を選び、選ばれた社会問題に参加者が自由に分かれて話し合い、その問題と科学による解決の方向性をコミュニケーションの中で見出すものです。

対象者:自然科学・人文科学・産業界・行政などの専門家、合計50名程度

WS1「つくるコミュニケーション『最上の問い』セッション」: サイエンスアゴラ「みんなでつくる7連続ワークショップ」 :: 平川ユニット :: 調査・研究 :: 科学コミュニケーションセンター|Center for Science Communication

13:00~14:30
WS2「つくるコミュニケーション『自分ゴトの問い』セッション」
主催:CSC
ファシリテーション:株式会社 フューチャーセッションズ

概要:市民にとっての“つくるコミュニケーション”を実践します。多様性ある社会問題に挑む市民が「問題提起」するために、ニッチで深い問題を多数取り上げ専門家とともに、取り上げられた問題間の関係性を検証し、問題と問題の間にある別の問題を発見するセッションです。具体的には、30分のワールドカフェによって挙げられた「最重要の具体的社会問題」から投票によって上位10を選び、選ばれた社会問題に参加者が自由に分かれて話し合い、その問題が各人にとってどのように大切か(つまり社会問題の自分ゴト化)を整理するものです。

対象者:産業界、NPOや社会起業家など問題意識の高い参加者、合計50名程度

WS2「つくるコミュニケーション『自分ゴトの問い』セッション」: サイエンスアゴラ「みんなでつくる7連続ワークショップ」 :: 平川ユニット :: 調査・研究 :: 科学コミュニケーションセンター|Center for Science Communication