【6/7】[三重]地方都市のスモールビジネスの未来を考える1〜シナリオセッション〔β010〕

地方都市のスモールビジネスの未来を考える1〜シナリオセッション〔β010〕

地方都市のスモールビジネス(個人事業/中小企業)の未来像をシナリオプランニングの手法を用いて模索します。

地方都市のスモールビジネスの未来を考える1〜シナリオセッション〔β010〕

■主催

アイディア・ラボ〔β〕

 

■日時

2013年6月7日(金) 19:00〜21:30

 

■場所

松阪プラザ

三重県松阪市日野町788

 

■参加費

2,500円

 

■定員

16名

 

■対象

地方都市のスモールビジネスに興味のある人、シナリオプランニングの手法に興味のある人、その他

 

■内容

<ありがとうございます!定員に達しました!2013/05/21>

 人口減少が始まりつつある地方の小都市での、スモールビジネス。商店街離れ、シャッター通り、高齢化、後継者不足、モノづくりの空洞化等取り巻く環境は一見厳しいものがあります。この地方都市のスモールビジネスにスポットをあて、シナリオプランニングの手法を用いて、未来を模索します。
 単なるピンポイントの未来予想ではなく、複数のシナリオを作成することにより、複数の未来を想定します。自動車の運転にたとえると「だろう運転」という言葉がありますが、「未来はこうなるだろう」と断定的にとらえる未来予想がこれに当たるかもしれません。今回行うシナリオプランニングでは、運転で言えば「かもしれない運転」にあたり、複数のシナリオを検討することで、より現実的に未来に備えることが可能です。そのことで未来についての参加者の意識が高まることを期待しています。

また、6月21日に行う「デザインセッション」において、今回作成したシナリオを用いて、その想定の中でのビジネスアイディアを創出する予定です。6月7日/6月21日、両セッションともの参加は必須ではありません。単独、連続どちらでもご参加いただけます。

<ファシリテーター>
アイディア・ラボ〔β〕代表:池山敦 ワークショップデザイナー(大阪大学WSD6期)/ファシリテーター(日本ファシリテーション協会所属)/日本創造学会員/
過去実施WS実績/シャープ株式会社(マルチステークホルダーダイアログ)/大阪人間科学大学(教職員ダイアログ)/住友電装株式会社(従業員ダイアログ)他

■プログラム

関係性をつくる
サークル(Circle)
ストーリーテリング(Storytelling)

変化の兆しを集める
ブレインストーミング(Brainstorming)

重要な社会変化の要因を特定する
ドット投票(Dot Voting)

未来シナリオの分岐点を発見する
金魚鉢(Fishbowl)

未来シナリオを描く
クイックプロトタイピング(quick prototyping)

アクションを生み出す
ワールドカフェ(World Cafe)
サークル(Circle)

 

■WEBサイト

地方都市のスモールビジネスの未来を考える1〜シナリオセッション〔β010〕

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について