WEBライティングを学びたい&フューチャーセンターに関心のある学生を募集します。

FutureCenterNEWS JAPANでは、2013年5月31日〜6月8日のフューチャーセッション・ウィーク2013で開催される、全国約50のフューチャーセッションのうち、関心のあるセッションを取材し、レポート記事を書いてくださる学生を募集します。

 

FutureCenterNEWS JAPANとは

FutureCenterNEWS JAPANは、日本全国のフューチャーセンター情報を収集し、整理して発信している、唯一のメディアです。読者は、「フューチャーセンターは、ソーシャルイノベーションの手段になりうる」と期待する方々です。

FutureCenterNEWS JAPANの存在意義は、フューチャーセンター界隈の情報共有や交流活性です。例えば、今回お願いするフューチャーセッションの取材レポートを掲載することにより、

・あそこのフューチャーセンターはおもしろそうな活動をしてるから、次回は参加してみよう
・なるほど、こういう取り組み方もあるのか。自分の活動の参考になる
・問題意識が同じだ。一緒になにかできないか連絡してみよう

など、ソーシャルイノベーションを実現するための小さな影響力となります。

 

フューチャーセッション・ウィーク2013とは

フューチャーセッション・ウィーク2013は、『フューチャーセンターをつくろう』の著者・野村恭彦氏率いる株式会社フューチャーセッションズが企画するイベントです。全国で50前後のフューチャーセッションが開催されます。2013年で3回目となり、前回2012年は「約2週間で計70セッション、のべ参加者数約3,000人」という実績を残しました。

2013年はOUR FUTURESがプラットフォームとなります。

OUR FUTURES

【参考記事】
乗り遅れてない?『フューチャーセッション・ウィーク2013』は満を持して5月31日〜6月8日開催!

 

募集要項

応募条件:文章を苦にしない学生で、東京都・神奈川県で1〜2時間のレクチャーを受けられる方(遠方の場合はSkype又はFaceTimeでもOKです。地方でもセッションが開催されるため、地方の方も大歓迎です)。実績の有無は問いません。

内容:フューチャーセッション・ウィーク2013で開催されるフューチャーセッションのうち、興味のあるセッションへ取材に行き、取材レポートを作成。記名記事をFutureCenterNEWS JAPANへ掲載します。取材したフューチャーセッションの価値を、FutureCenterNEWS JAPAN読者へ届けてください。

報酬・交通費:非営利活動のため、支給できません。代わりに、プロライター/ブロガーとして、WEBライティングのノウハウをレクチャーします。フューチャーセッションを体感してみたい学生で、なおかつWEBライティングを学びたい方の応募をお待ちしています。

 

ライターとして参加するメリット

・文章力のノウハウではなく、読まれる記事を書くノウハウを学べます
・具体的には、「同じ題材でも、読まれる記事と読まれない記事があるのは何故なのか?」を理解できます
・インプットした知識を元に、実践できます
・書き上げた記事には、プロの視点から意見を述べます(最低限の修正を除き、改稿するかどうかは自由)。改善点を意識できます
・ウィーク終了後、参加した学生ライター同士で意見交換をしたり、感想を共有する場を設けます(希望者のみ)

 

ライティング・レクチャー担当について

寄金佳一
寄金佳一オフィシャルサイト – プロフィール | Handmade Future!

フリーエージェント・ライター、ブロガーです。

FutureCenterNEWS JAPANのほかに、月間10万PV前後の、ソーシャルグッドな学生や社会人のためのWEBマガジン『Handmade Future !』を運営しています。情報発信ノウハウ、ソーシャルイノベーション関係の取材レポート、学生キャリア・子育て・新しい働き方に関するオピニオン等を発信しています。

ソーシャルグッドな学生や社会人のためのWEBマガジン – Handmade Future !

ライターとしては、株式会社フューチャーセッションズへ、フューチャーセンター界隈のインタビュー記事やセッションレポートを、ぴあ株式会社『ウレぴあ総研』へエンターテイメント系記事やライフハック系記事を寄稿しています。

寄金 佳一 – ウレぴあ総研

 
以上、お問い合わせやお申し込みは、下記メールアドレスまでお願いいたします。
yorikanekeiichi@gmail.com

たくさんのポジティブな学生の応募をお待ちしております。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。