タグ別アーカイブ: フューチャーセンター

鯖江市で地域イノベーションにおけるフューチャーセンター活用について講演を行いました

特定非営利活動法人Comfortさばえの浜口真一さまよりご依頼いただき、地域・地方おけるフューチャーセンター活用について、FutureCenterNEWS JAPAN編集長として、講演を行いました。

個人的に、地域を良くする手段としてフューチャーセンターに着目したのが、フューチャーセンター・メディアを始めた発端です。地方・地域におけるフューチャーセンター活用のお手伝いは、積極的にさせていただきたいと思っています。

私でお役に立てることがありましたら、ぜひお声掛けください。

 

講演概要

2013年10月14日(日)14:45〜18:00
鯖江市文化センター
テーマ「地域イノベーションにおけるフューチャーセンター活用」

さばえ公共未来塾2013
http://sabae-koukyou.jimdo.com/

 

フューチャーセンターを知る(90分)

1. フューチャーセンターとは

2. 日本におけるフューチャーセンターの活用状況

3. 問題提起:いつもの会議の何が悪いのか?
■いつもの会議は、現状での最適解を求めるものである
未来志向の重要性について
事例紹介/福島県南相馬市「みんな未来センター」

■決まったメンバーで活動するため、タコツボ化しやすい
多様性のある場をつくる

■下手なことは言えない雰囲気があり、一部の主導で進められる
誰もが対等な場をつくる
ひとり一人が主役
バカげた意見こそ歓迎する

■責任を振り分ける場であるため、ポジティブな空気になりにくい
「相互理解」と「理想の未来の共有」のための対話
事例紹介/福島県南相馬市「みんな未来センター」

 

フューチャーセンターを活用する(90分)

1. フューチャーセンターの2つの機能「アイデア創出」と「コミュニティ醸成」
企業におけるアイデア重視の活用
地域におけるコミュニティ醸成重視の活用

2. 地方における活用事例の紹介:熊本県・黒川温泉
じゃらんリサーチセンター・地域イノベーション研究におけるフューチャーセンター活用

3. フューチャーセンターは「ツボ」を押す役割である
「複雑系」という考え方

4. フューチャーセンター活用の様々な事例
都市/みなとフューチャーセンター
行政/東京都
企業/資生堂
NPO・個人/Child Future Session
テーマごと/エネルギー問題

5. 事例紹介:静岡県立大学経営情報学部・国保ゼミフューチャーセンター
研究室におけるフューチャーセンター活用の仕組み
様々な相乗効果
学生と企業による地域活性「茶の和」プロジェクト

6. フューチャーセンターの7つの運営形態
大学
行政
企業
不定形
場所貸し
寺社
シェアハウス

7. フューチャーセンターを作りたいと思ったらどうすればいいか?
フューチャーセンターまとめ
トータルデザインを考える
種を蒔くための土壌を作る(人間関係をつくる)
優れたフューチャーセンターの場を体験し、実感する

 
初めての北陸・福井県ということもあり、4歳と2歳のこどもたちを含め家族で押し掛けましたが、懇親会の開催や、福井県の伝統的民家への宿泊をコーディネートしていただくなど、たいへん良くしていただきました。

浜口さん、さばえ公共未来塾のみなさま、どうもありがとうございました。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。

どうやってマネタイズする? フューチャーセンター運営の7つの方法

「センター」という語感から誤認しがちですが、フューチャーセンターとは施設を指す言葉ではありません。

 

たとえば「学校」は施設の名前ではありません。施設の名前は「校舎」です。(中略)教育プログラムという機能を持ち、学習という活動が行われているのが、概念としての「学校」です。

フューチャーセンターも、それと同じように捉えてください。創造的なワークショップのファシリテーションという「機能」を提供し、そこで対話やアイデア創出という「活動」を行っているのが、概念としての「フューチャーセンター」です。

野村恭彦『フューチャーセンターをつくろう』P17より

公民館でも、公園でも、道端でも、あるいは場所がコロコロ変わったとしても、フューチャーセッションが定常的に行われる《場》でありさえすれば、フューチャーセンターと言えるのです。

実際、フューチャーセンターの形態は様々です。特定のハコを持とうとすればお金が掛かり、維持管理し運営を続けていくためのマネタイズは簡単ではありません。これからフューチャーセンターを創ろうとする方は参考にしていただければと思います。

不定形型

NPO法人など組織が仕組みの提供主体となり、特定のハコを持たないタイプ。ハコの維持にはお金が掛かるので、有力なフューチャーセンターの形態。冒頭で示したとおり、フューチャーセッションが定常的に行われさえすればフューチャーセンターと言える。規模や目的、協力者によって柔軟に場所を変えていけるメリットもある。恐らく地域や社会の課題を解決するフューチャーセンターの形式としては、もっとも数が多いと思われる。

NPO法人Mystyle@こだいらが主体となり、嘉悦大学の協力により実現した「フューチャーセッション@こだいら~地域の未来を紡ぐ一日~」など。

NPO法人Mystyle@こだいら
http://mystyle-kodaira.net/ 

 

場所貸し型

コワーキングスペース、電源カフェ、シェアオフィス、ワークショップスタジオなどを併設し、場所貸しで運営資金を賄う形態。横浜市の助成を受け、mass×mass関内フューチャーセンターが先駆となった。

コワーキングを始めとして、これらは多くの人が入れ替わり立ち替わり訪れる場だ。流動性と多様性、オープンな場という属性が求められるフューチャーセンターとは非常に相性がいい。コワーキングJellyとフューチャーセッションの共通点を指摘する声もある。

コワーキングスペース、シェアオフィス、ワークショップスタジオを併設し、インキュベーション機能も持つ横浜のmass×mass関内フューチャーセンター。地域や社会の課題解決を目指すフューチャーセンターとして、恐らく日本で唯一、施設として成り立っている。

mass×mass関内フューチャーセンター
http://massmass.jp/

 

大学型

東京大学は2009年に「東京大学フューチャーセンター推進機構」を設立し、2014年には柏の葉キャンパスに『東京大学フューチャーセンター』という名の建物が竣工する予定。

また大学の研究室がゼミ等の一環としてフューチャーセッションを定期開催する事例も見られる。中でも静岡県立大学の国保ゼミの成果が著しい。慶應大学SFCでもフューチャーセンター活動が行われている。

大学関係者に限らず、「大学にフューチャーセンターを」という声は非常によく聞かれる。地域の拠点としての視点、マネタイズの視点(大学施設を利用できればハコ代は掛からない)、そして若者(学生)が参加しやすいメリットなど、利点や可能性が容易に想像しやすいからだろう。

抜群の居心地。静岡県立大学国保ゼミフューチャーセンター – FutureCenterNEWS JAPAN
http://futurecenternews.jp/u-shizuoka-ken-kokubo-fc-78.html

東京大学フューチャーセンター推進機構
http://www.fc.u-tokyo.ac.jp/index.php

香川大学大学院「地域マネジメント研究科」八木研究室
http://yagi-lab.com/

 

シェアハウス型

実現したという話はまだ聞かないが、ソーシャルメディアを中心に可能性を模索する動きが多く見られている。

シェアハウスはコワーキングスペースと同様、急激に増加しつつあり、テーマ性を打ち出すなど差別化が求められている。その一部にフューチャーセンターとの融合のアイデアが生まれているようだ。

ハコのマネタイズの問題は解決でき、なおかつシェアハウス住人の感度の高さやアクティブさを考えると注目の方向性の一つである。

 

寺社型

2012年6月2日、神谷町の光明寺で「お寺フューチャーセッション」が行われたのが先駆け。

地域コミュニティで協力して物事を進めようとしても、「そもそもコミュニケーションをする場がない」という意見が聞かれることがある。一方でお寺や神社は、葬式や初詣といった特定行事のときにこそ人が訪れるものの、もっと日常的に多くの人に足を運んでほしいと考えている。

旧来、寺社は地域コミュニティの中心であった(お祭りや困り事など、何かがあると寺社に集まっていた)という事実を考え併せても、また寺社独特の人の心を落ち着かせる雰囲気を考えても、地域の課題解決の場としての可能性は非常に大きい。

 

国・行政型

フューチャーセンター発祥の北欧~欧州ではすでに多く見られる形態。中でもオランダのLEFは治水交通省が運営しており、代表格だ。

『フューチャーセンターをつくろう』によると、日本でも東京都港区、横浜市、川崎市、柏市などで設立の動きがあるとのこと。横浜市のmass×mass関内フューチャーセンターを除けば離陸に向け準備中のようだとはいえ、大いに期待したい。

港区議会議員・横尾としなりの会 – みなとフューチャーセンター第二期セッションスタート!
http://ecotoshi.jp/blog/2859

柏市議会議員・山下洋輔 – 柏におけるフューチャーセンターの状況
http://goodman.livedoor.biz/archives/51975203.html

 

企業型

日本でのフューチャーセンターの先駆けとなったのは、富士ゼロックスKDIや東京海上日動システムズ、コクヨなど、企業型フューチャーセンターである。大きな組織が企業内フューチャーセンターを設ければ縦割りの弊害を取り除くことができるし、社外の人間や消費者と共に商品・サービス開発等においてイノベーションを起こせる。

フューチャーセンターは企業にとってもメリットがある。特定テーマに特化したフューチャーセンターであれば、(それがある企業にとってメリットのあるテーマであれば)企業にスポンサーになってもらってハコを維持するというマネタイズの方向性も考えられる。

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。