「ボブ・スティルガー」タグアーカイブ

【6/5】南相馬フューチャーセッション「地域・組織の“生命力”の未来」

南相馬フューチャーセッション「地域・組織の“生命力”の未来」

まち全体の意味付けを大きく変えてしまうような、「新しいパラダイムのソフトコンテンツをもった拠点づくり」の可能性を検討するためのフューチャーセッションです。

本活動は、イギリスの「シューマッハカレッジ」(http://www.schumachercollege.org.uk/)をモデルに、福島に「近代の終焉と対峙しながら、未来を考える学校」を創れないだろうか?というアイデアから始まりました。

南相馬では、日常のなかに様々な深い問いが埋め込まれています。市民のなかには、現場の経験に根ざした哲学を語る方が少なくありません。この方々の持つ体験から生まれた「知恵」と、福島の抱える「近代の矛盾」をリソースとして捉え、未来を考えるために世界から人が集まる「滞在型の学校」を創ることができないだろうか、と構想しています。

南相馬フューチャーセッション「地域・組織の“生命力”の未来」

■主催

フューチャーセッションズ

 

■日時

2013年6月5日(水) 14:00〜17:00

 

■場所

infor-messe だいこんや
福島県南相馬市原町区大町3丁目67

 

■参加費

無料

 

■定員

20名

 

■対象

南相馬の地元の方々、10名弱。
他の地域からも、この考え方に共鳴する方のご参加は可能です。

 

■ファシリテーター

野村恭彦(フューチャーセッションズ代表)
ボブ・スティルガー

 

■プログラム

関係性をつくる
14:00 〜 14:30 ストーリーテリング(Storytelling)
セッションの目的の共有。
チェックイン:セッションに対する期待の共有。

テーマに沿って知識を広く持ちよる
14:30 〜 15:30 金魚鉢(Fishbowl)
地元の哲学者の皆さんに、3人ずつ3ラウンド程度、フィッシュボウル型の対話スタイルで、「今、考えていること」を語って頂きます。
そして次の2つの問いについて、対話の中で考えて行きます。
(1) 自分自身が持ち続けている、答えのない「問い」は何か?
(2) 「生きるチカラ」が生まれて来る源とは何か?

プロトタイピングする
15:30 〜 16:10 クイックプロトタイピング(quick prototyping)
3〜4人のグループに分かれて、「生きるチカラ」を学ぶための学校をプロトタイピングする。
・どんな経験をできる学校なのか?
・誰と話をする学校なのか?
・どんなことを学ぶ学校なのか?

アクションを生み出す
16:10 〜 17:00 サークル(Circle)
各グループのアイデアの発表。

一人ひとりができる、次のアクションをともに生み出して行く。

 

■WEBサイト

南相馬フューチャーセッション「地域・組織の“生命力”の未来」

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について

【6/2】「東北ハツ(発・初)を増やそう」 フューチャーセッション  (まちづくり編集会議)

「東北ハツ(発・初)を増やそう」 フューチャーセッション  (まちづくり編集会議)

「東北ハツ(発・初)を増やそう」 フューチャーセッションは市民が主体となり、自分たちの未来をデザインしていきたいと考えている行政、NPO,他地域サポーターが枠を超えて、東北からの発信、初の試みを増やしていくためのアイディアを対話を通して引出す場づくり。

東北ハツが増えることが、東北の元気になる。そんな未来に向けての具体的な第一歩をカタチにするまちの編集会議でもあります。

「東北ハツ(発・初)を増やそう」 フューチャーセッション  (まちづくり編集会議)

■主催

センダイ自由大学&東北フューチャーネットワーク

 

■日時

2013年6月2日(日) 13:00〜17:00

 

■場所

コワーキングスペースcocolin
仙台市宮城野区榴ヶ岡5-12-55 NAViSビル1F

 

■参加費

無料

 

■定員

20名

 

■対象

東北に住む人 東北でまちづくり活動をされている人
東北から元気を発信して行きたい人
東北が元気になる活動に関わっている人
東北ハツ(初・発)を増やしていきたい人

 

■内容

昨年よりセンダイ自由大では、フューチャーセンターの考え方を取り入れています
いままでの講義というスタイルと参加者同士の対話
この融合からうまれるセッションが、より大きな化学変化を生み出すと考えたからです
実際に昨年11月からフューチャーセッションをスタート
※そのときの様子はこちら
http://www.s-jiyudai.com/report/5331

そのセッションからいくつかのセッションを通じて
生まれてきたのが
「東北ハツ」を増やそう!といいうことです
東北からの発信の発
東北からの初
だったり。

東北という地域だからこそのものをつくり、発信していく
なにもそれは新しいものだけでなく
いまあるものを組み合わせていくことで「初」も「発」も生まれると思います
この「東北ハツ(発・初)」が増えることが
東北が元気に、次のステージに向かう大きなキッカケになるのではないでしょうか

ですので

今回はこの「東北ハツ(発・初)」をテーマに
参加者と
どんなハツがあるか!?
まちづくり編集会議を開催していきたい
そう考えています
当日はゲストに
ダイアログ(対話)の達人であり、世界中でこのフュチャーセンターの活動をされている
ボブ・スティルガー氏を迎え
東北の地域でフューチャーセッションがキッカケで起こっていること
フューチャーセッションが他のダイアログとどう違うか?
などについてお話をしていただく予定です
また、みなさんの疑問、質問にもお答えいただけると思います

 

■プログラム

関係性をつくる
13:00 〜 13:20 ストーリーテリング(Storytelling)
1、チェックイン
・今回の目的の共有。東北ハツについて

テーマに沿って知識を広く持ちよる
13:20 〜 13:40 金魚鉢(Fishbowl)
2、集まった人がお互いを知る、理解する
・自己紹介と問題意識の共有

13:40 〜 14:20 ワールドカフェ(World Cafe)
3、フューチャーセンターって何?なにができそう?

新たな視点を発見し構造化する
14:30 〜 15:30 プロアクションカフェ(Proaction Cafe)
4、ゲストスピーカーから学ぶ
ゲストスピーカー ボブ スティルガー 氏

プロトタイピングする
15:30 〜 16:30 クイックプロトタイピング(quick prototyping)
5、東北からのハツ(発・初)にむけてのいま起きていること
  これから起きることをダイアログ 

アクションを生み出す
16:30 〜 16:50 サークル(Circle)
6、最初の小さな一歩をカタチにする(まちを編集する)

 

■WEBサイト

「東北ハツ(発・初)を増やそう」 フューチャーセッション  (まちづくり編集会議)

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について

【5/24】【5/25】第3回 フューチャーセンター四国 in 高松セッション

第3回 フューチャーセンター四国 in 高松セッション

地域や組織の未来を創造する上で重要な要素として、多様性を取り込み現場の主体性を活かし、さらに共通のヴィジョンと価値観を大切に出来ることが挙げられます。これらの要素はいずれも「対話」なくして実現出来るものではありません。今後において「フューチャーセンター」は、企業、自治体、NPOといった組織の違いによらず重要なものです。

第3回 フューチャーセンター四国 in 高松セッション

■主催

特定非営利活動法人 地域縁結びネットワーク(NPO法人 地縁ネット)
 
【後 援】香川県、高松市、徳島大学 地域創生センター、NPO法人 SV四国、NPO法人ミラツク
【協 力】KSB瀬戸内海放送

 

■日時

2013年5月24日(金) 13:00〜17:00
2013年5月25日(土) 10:00〜17:30

 

■場所

KSB瀬戸内海放送本社会議室(香川県高松市西宝町1-5-20)

 

■参加費

3,000円

 

■定員

5/24 50名(※学生等を若干名特別ご招待)
5/25 30名(※学生等を若干名特別ご招待)

 

■対象

企業、NPO、行政並びに学生、一般市民の方々など地域の未来を創造する上でフューチャーセッションによる未来づくり、社会イノベーションに興味のある方。

 

■ファシリテーター

ボブ・スティルガー
スーザン・ヴァーニング
八木陽一郎

 

■テーマ

5/24 「コミュニティと自己の成長のために」
5/25 「組織変革を導くスキルとマインド」

 

■WEBサイト

第3回 フューチャーセンター四国 in 高松セッション

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について