タグ別アーカイブ: 小笠原舞

こども目線で世の中を見て、この手で動かす。『Child Future Session Week プレ・セッション』レポート

2013年12月14日(土)、年明け2月のChild Future Session Weekを控え、「こどもや、こどもを取り巻く環境のために何かしたい」と考える人々が、開催したいセッションを具体化したり、仲間を見つけたりするための、プレ・セッションが開催されました。

60人以上もの分野も強味も異なるイノベーターたちが参加し、約50ものセッションアイデアが生まれました。

 

Child Future Session&フューチャーセッションズ

仕掛人は、今まで4回のChild Future Sessionを展開してきた、小笠原舞さん。
cfsw_ps00

ファシリテーターは、株式会社フューチャーセッションズの野村恭彦さんです。
cfsw_ps10

会場は、イトーキ東京イノベーションセンター『SYNQA(シンカ)』。従来は、株式会社イトーキが運営する、顧客向け会員制スペースです。今回はChild Future Session Weekのために、特別に提供されました。
cfsw_ps03

SYNQA

 

こども目線で世の中を見て、この手で動かす。

Child Future Session Weekが企画されたのは、今まで4回のChild Future Sessionを展開してきた小笠原舞さんが、セッションで出されたアイデアの持続性や、社会への影響力に限界を感じたからだそうです。

冒頭、小笠原舞さんと一緒にChild Future Sessionを立ち上げた、アサヒ飲料株式会社の中村威さんから、Child Future Session Weekの目的について語られました。
cfsw_ps02

「一つは、Child Future Session Weekの中で、たくさんの課題をこども目線で見てみようということ。もう一つは、出てきた課題や解決策を、全員で共有しましょう、ということを目指しています。世の中では、個々では色々な活動がされています。が、今回の大きなチャレンジは、バラバラに活動するんじゃなくて、お互いに繋がり合って大きな社会インパクトを作っていこうということなんです」

 

テーマを広げる

ペアを組んで「自分自身がどんなテーマでこどもに興味を持っているか」を語り合い、自分のテーマを広げるヒントを得たあと、さらにイマジネーションを広げるため、フィッシュボウルに移ります。

通常、フィッシュボウルは、発言者数名を中心にして、円になって囲む形ですが、今回は会場『SYNQA』の形状を活かして、階段に座ってのトークとなりました。
cfsw_ps11

cfsw_ps12

cfsw_ps13

小学校教諭、保育士、夢鑑定士、Webプロデューサー、greenzのライター、小児科医など、本当に様々な立場の、様々な物の見方を通して、「こども」というテーマが語られました。

さらに、グループをつくり、「こども×●●」というお題でのブレインストーミング。短時間でどれだけのアイデアを出せるかにチャレンジします。
cfsw_ps14

cfsw_ps15

 

洗練させる

やりたい! と手をあげたリーダーのテーマを洗練させる、プロアクションカフェに移ります。

希望者を募ったところ、想定を大幅に上回り、なんと20名もの人が名乗りを上げました。
cfsw_ps19

テーブルの数が足りなかったため、10名ずつ2回に分けて、それぞれのテーマを洗練させていきます。
cfsw_ps20

cfsw_ps21

まずは、それぞれのテーマについて、具体的な内容や思いなど、「本当にやりたいこと」を聞き出し、浮き彫りにしていく時間。続いて、セッションを成功させるために必要な要素をみなで考える時間。さらに、そのテーマにとっての「次の一歩」を考える時間が設けられました。
cfsw_ps22

cfsw_ps23

cfsw_ps24

cfsw_ps25

cfsw_ps26

 

50のセッションアイデアが生まれる

最後に、「どんなセッションを、いつやるか」について、ふせんに書き、貼り出します。
cfsw_ps27

cfsw_ps28

なんと、約50ものフューチャーセッションのアイデアが出されました。
cfsw_ps29

中村威さん。
cfsw_ps32

今日、一番やりたかったことは、大人都合になっている社会を、ちゃんとこども目線で見ようね、ということです。ここから生まれてくる取り組みは、ちゃんと「こどものためにあるかどうか」ということで、みなさんと大きなムーブメントを起こせればな、と思います。

小笠原舞さん。
cfsw_ps33

70名近く参加してもらって、約50のセッションのアイデアが出ました。私ひとりでは思いつかないことが、みなさんのお陰で形になりました。みんなで社会を作っていくのが大人の役割だと思っています。Child Future Session Weekでみなさんと一緒に作っていきたいと思います。今日をきっかけとして、みなさん、どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

CFSWは2014年2月9日(日)〜14日(金)

Child Future Session Weekは、2014年2月9日(日)〜14日(金)の日程で開催されます。

特にプロアクションカフェでは、想定を遥かに上回る方が手をあげ、参加者の強い意気込みを感じました。Child Future Session Weekでどれだけのセッションが開催されるのか、期待が膨らみます。

FutureCenterNEWS JAPANでも、Child Future Session Weekに全面取材協力いたします。みなさまもぜひ、開催される一つひとつのセッションに足を運んでください。

開催セッションは、『OUR FUTURES』上に、随時登録されていく予定ですので、チェックしてください。

Child Future Session Week

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。

【12/14】Child Future Session Week プレ・フューチャーセッション

「こども」というキーワードでアクションを起こしたい人がフューチャーセッションを企画したり、仲間を見つけたりするための、プレ・フューチャーセッションが開催されます。

来年(2014年)2月8日(土)〜のチャイルド・フューチャーセッション・ウィークへ向けての第一歩となります。

Child Future Session Week プレ・フューチャーセッション

■日時
12月14日 (土) 10:00 〜 12:30

■場所
イトーキ京橋SYNQA

■主催者
野村恭彦、中村威、小笠原舞、小澤いぶき、川村耐二、小原大樹、三浦英雄、相原里紗

※詳細は上記リンクを参照ください

フューチャーセッション・ウィーク2013で開催されたプレセッションと、役割は似ていると思われます。

“今までのストーリー”から“新しいストーリー”へ。『フューチャーセッション・ウィーク2013 プレ・セッション』レポート | FutureCenterNEWS JAPAN

チャイルド・フューチャーセッション・ウィークでセッションを開催したいという方はもちろん、「こども」や「こどもたちの将来」のために何かするべきだとは思っていたけれど、具体案が浮かばないという方も、何かきかっけが掴めるかもしれません。

【2/8〜2/15】小笠原舞さんとフューチャーセッションズがChild Future Session Weekを開催

保育士で、asobi基地代表、合同会社こどもみらい探求社共同代表を務める小笠原舞さんが、株式会社フューチャーセッションズとともにChild Future Session Weekを仕掛けます。

Child Future Session Week

課題先進国とも言われる日本ですが、ここ数年、様々な課題解決に向けた素晴らしい活動が続々と生まれてきています。しかし、個々の活動が比較的「点」の活動になりがちで、横での繋がりが弱いという印象を持っています。もっとお互いの活動に興味関心を持ち、お互いの活動に参加し合ったり、出てきたアウトプットを共有できれば、もっと早く大きな社会的なインパクトを生み出せるのではないかと自分たちの活動なども通じて思うようになりました。

私たちは、今までChild Future Sessionを4回実施し、次のことに気付くことができました。

・子どもに関わる社会課題は多岐に渡るため、個々の力でセッションを展開するだけでは社会的なインパクトを作るのが難しいこと
・一方で、現代の社会課題を子どもたちの視点で考えると、多くの新しい発見があり、問題解決のヒントが得られやすいこと
・多様な人々がお互いの力を共有し合い、大人にも子供にも共感性の高いアイディアが生まれれば、大きなムーブメントも起こせること

こんな気付きから、一つ提案があります。

各自がすでに取り組んでいる課題や興味関心がある課題を、「子どもの目線」を切り口にして、フューチャーセッションを同時多発的に展開するという挑戦を一緒にやってみませんか? つまり、あなたの「○○xこども」テーマをやってみるということです。

それぞれのセッションを子ども目線という共通の視点で考え、そこから出て来たアイディアを、多くの人々と共有しやすいように、同じフォーマットでアウトプットしていただきます。社会問題のほとんどは、個別で独立したものではありません。多くの場合、お互いに関係しあって繋がっているものです。 それぞれテーマが違う課題を共通の切り口と同じフォーマットのアウトプットで共有することで、それぞれのセッションから気付いたり、学べるものが見付けられると考えています。

これが私たちが来年2月に予定しているChild Future Session Weekです。

小笠原舞さんは、今までに4回のChild Future Sessionを開催しています。

7つのテーマが羽ばたく!『子ども達にいい社会をつくるためのChild Future Session vol.4』レポート | FutureCenterNEWS JAPAN

この経験から、より大きなムーブメントやインパクトの必要性を感じ、今回のChild Future Session Week開催となったようです。

12月14日(土)にプレ・フューチャーセッションが開催されます。小笠原舞さんの挑戦に共感する方、興味を持った方は、足を運んではいかがでしょうか。
Child Future Session Week プレ・フューチャーセッション

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。