タグ別アーカイブ: 有福英幸

『わたしたちがセクター横断でつくる日本の未来 〜 国・行政のあり方懇談会スピンアウト セッション』レポート

20年後、30年後という近い将来、少子高齢化や人口減少により、今までのやり方では、日本社会が立ちゆかなくなります。

私たちはどう対処すればいいのでしょうか?

自分たちの問題を、自分たちで見つけ、自分たちで解決していく社会に変えていく必要があります。

と、同時に、市民だけでやるよりも、官民のセクターを越えて協力しあったほうが、効率良く前に進められる課題もあるはずです。

『わたしたちがセクター横断でつくる日本の未来 〜 国・行政のあり方懇談会スピンアウト セッション』は、「国・行政のあり方懇談会」を傍聴し、共感した小和田香さんが、スピンアウトとして企画しました。

「国・行政のあり方懇談会」は、国の主導、大臣主催、官僚運営で、民間有識者がベースだったそうです。そこで次は、市民の主導で、官僚に協力してもらい、多様なセクター間の対話をうながそうという試みです。

 

主催者、企画メンバー

会場は、GEOC(地球環境パートナーシッププラザ)です。

主催者の小和田香さんから、セッション開催の経緯や、意図についての話がありました。
fc_09

「国・行政のあり方懇談会」は、とても素晴らしいな、と思った反面、残念だなと思った部分もありました。それは、これからの日本はこうならなきゃいけないよね、変えられないことがこんなにたくさんあるんだからさ、というのはよくわかりましたが、じゃあ国はこうします、というのが、「え、なんにもないの〜?」と。(笑)

それから、せっかく国の人たちと、民間の人たちで話しているわけです。じゃあそのメンバーが、「俺これやるよ」とか「次これやろうよ」という話があるのかなーと思ったら、次のアクションが見えませんでした。

本当に一般市民の方と、国の方が、対面かつ双方向で話し合う場が、残念ながらありませんでした。であれば、たまたまフューチャーセッションウィークがあるじゃないかと。懇談会と逆のパターンで、市民の主導で、国の方を呼んでしまったらどうかと考えたんです。

 
官僚側からは、内閣官房行革推進本部事務局次長の藤城眞さん。「国・行政のあり方懇談会」のエッセンスの紹介がありました。

トークがわかりやすい上に、とてもおもしろく、官僚のイメージを良い意味で覆してくれたのが印象的でした。
fc_04

「国・行政のあり方懇談会」では、ひとことで言うと、20年後、30年後の日本はどんな社会になるの? 国や行政はどんな役割が期待されるの? ということを話しました。

“茹で蛙” ってご存知でしょうか。世の中、変わらなければいけないんだけど、まだ大丈夫、まだ大丈夫と言っているうちに、茹で上がってしまうわけです。

「これから人口が減っていく」とか、「国が借金を抱えていて、どうする?」という話をよく聞きます。みなさんの中に、不安はあるかもしれませんが、危機感はどれくらいあるのか、ということが気になっていたんです。

だったら、若い人だけ集めて、しかも女性を半分以上で、議論をしようと。これは、30年後も生きている人だけで議論をしよう、ということです。(笑)持続的な社会であるということを期待する立場からすると、何が言えるのかな、ということが知りたかったんです。

企画メンバーには、株式会社フューチャーセッションズの野村恭彦さん、有福英幸さんも名を連ねました。

 

自分とパブリック(公共)のかかわり

自己紹介のあとは、フィッシュボウルに移ります。

中央に5つの座席を置き、残りは周囲を取り囲みます。中央の席は必ず1席空けておき、話題の流れによって、話したくなった人が座り、話をするというルールです。

テーマは、自分とパブリック(公共)のかかわりについてです。
fc_17

fc_20

fc_21

fc_22

こちらがフィッシュボウル時に、リアルタイムで作成された、イシューマッピングです。クリックして拡大すると、読むことができます。

東海大学 専任講師 富田誠氏作成
東海大学 専任講師 富田誠氏作成

 

アクションに落とし込む

3名1組のグループを作り、感想や気づきを共有しあいます。

グループごとに、これからじっくりと話し合ってみたいテーマを考えます。
fc_23

fc_24

グループごとに決めたテーマについて、具体的にどんなアクションに落とし込めるかを考えて、紙に書き出します。

それぞれ発表し、全体に共有します。
fc_32

fc_33

fc_34

fc_35

fc_36

3分間の内省で、いま自分が本当にやりたいことや、アクションを確認し、紙に書き出します。

紙を見せ合いながら、①似ているアイデア ②化学反応が起きそうなアイデア ③自分のアイデアを捨ててもやりたいと感じるアイデア という基準で、仲間を見つけます。マグネットテーブルという手法です。
fc_42

fc_43

fc_44

最後に、その仲間で何かに取り組むとして、いちばん最初にやる行動を決め、セッション終了となりました。

 

次なるアクションへ向けて

主催者の小和田香さん。
fc_45

アウトプットをみんなでまとめるというところまでは、たどり着かなかったのですが、「このチームでこのプロジェクトやろうぜ」みたいな声が聞こえてきて、開催して良かったと思いました。

これがスタートだと思いますので、自分がこういう場をつくるという人がたくさん出てきていただきたいし、一緒にアクションしようというお誘いもお待ちしています。今日はどうもありがとうございました。

 
内閣官房行革推進本部事務局次長・藤城眞さん
fc_46

こうして市民の皆さんが主導して、進めていただいて、市民のみなさんと一緒に議論すると、色々な新しい視点や、アイデアが出てくるなと再確認しました。

さきほど、「こうしてパブリックについて語るのって楽しいよね」と言ってくださった方がいました。なかなか、パブリックについて楽しく語る場はないですけど、こうやって語ることによって、みなさん一人ひとりが社会に参加する、みたいなことができれば、もっといい社会になっていくと思っています。

最後は時間がおしてしまい、アクションのアイデアを具体化するところまでたどり着かなかったのは、今後の宿題となりました。

主催者の小和田さんもおっしゃるとおり、これが出発点です。国・行政と市民が、一緒に協力して社会を作っていこうという思いに共感する方は、ぜひ今後の動きに注目ください。

小和田香さんの連絡先はこちらです。
https://www.facebook.com/kaori.kowada

【7/17】こどもの遊び場から私たちの今と未来を変えるフューチャーセッション「こんな遊び場あったらいいな♪」

こどもの遊び場から私たちの今と未来を変えるフューチャーセッション「こんな遊び場あったらいいな♪」

あらゆる子どもが一緒に遊び、一緒に育つ遊び場を考えよう。
このフューチャーセッションは、子どもにかかわる多様な分野のメンバーが集まり、分野を超えた協働を通じて、「あらゆる子どもが一緒に遊び、一緒に育つ」遊び場を創造することを目的にします。

こどもの遊び場から私たちの今と未来を変えるフューチャーセッション「こんな遊び場あったらいいな♪」

■主催

colorful playing ~カラプレ~
共催:SagamihaLabo☆

 

■日時

2013年7月17日(水) 9:30〜12:30

 

■場所

ユニコムプラザさがみはら 実習室2

〒252-0303 相模原市南区相模大野3丁目3番2号 bono相模大野サウスモール3階

 

■参加費

無料

 

■定員

30名

 

■対象

「みんなの遊び場」を創ることに関心のある全ての方。

遊びを通して、個性を大切にする環境、創造性の育成、子育て、共育、コミュニティづくりなど、様々なテーマに取り組みたいと思っています。市民、学生、企業、自治体、NPO、社会起業家など、幅広いご参加をお待ちしています。

 

■内容

第1回は、この場に関心のあるみなさんの交流や相互理解のための時間です。
このフューチャーセッションを通じて、「あらゆる子どもが一緒に遊び、一緒に育つ」環境づくりのために、皆さんができる次の一歩を発見し、踏み出すことを目指します。

<ファシリテーター>
colorful playing 西堀美和、五十嵐千代

<colorful playing~カラプレ~とは>
子どもは(大人だって)十人十色。カラフルで、でこぼこで、それがいい。
あらゆる子どもたちが、一緒に遊べる環境を創造することで、違いを価値としてとらえ、 個性を大切に育む、寛容で豊かな社会をつくりたい。
このため、様々な分野の関係者が協力、連携しながら「あらゆる子どもが一緒に遊び、一緒に育つ」環境を、相模原市に創造することを目的につくられた任意団体です。

■プログラム

関係性をつくる
09:30 〜 9:40 趣旨説明
主催者より挨拶:colorful playing

09:40 〜 10:00 ストーリーテリング(Storytelling)
子どもの頃好きだった遊びについて語ってください。

テーマに沿って知識を広く持ちよる
10:00 〜 11:00 ワールドカフェ(World Cafe)
ラウンド1:今の子どもたちが、自由に遊べない/一緒に遊べないのはなぜだろうか?
ラウンド2:これらの課題解決には何が必要だろうか?
ラウンド3:これらの課題解決のために、遊び場は何ができるだろうか?

プロトタイピングする
11:00 〜 12:00 クイックプロトタイピング(quick prototyping)
「こんなあそび場あったらいいな」を表す、絵を模造紙に描いたり、粘土で作ったりします。

アクションを生み出す
12:00 〜 12:30 サークル(Circle)
大展覧会。チームごとにプレゼンを行います。
そして、各チームで気づきと感謝を共有するチェックアウトを行い、次のアクションに向けてクロージングします。

■WEBサイト

こどもの遊び場から私たちの今と未来を変えるフューチャーセッション「こんな遊び場あったらいいな♪」

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について

『市民参加で省エネタウンを実現するフューチャーセッション』レポート

国や大企業がエネルギーを一括管理し、分配するやり方には、特に東日本大震災以降、限界が見え始めています。市民レベルで真剣にエネルギー問題を考え、アクションしていくために開催されたのが、『市民参加で省エネタウンを実現するフューチャーセッション』です。環境に関して一家言を持つ個性的なメンバーが集い、豊かな議論が展開されました。

 

会場は地球環境パートナーシッププラザ GEOC

東京都渋谷区の国連大学にある、「地球環境パートナーシッププラザ GEOC」がフューチャーセッションの舞台です。
eco_town2

主催は株式会社フューチャーセッションズ。有福英幸さんがファシリテータを務めました。
eco_town1

 

鎌倉市の取り組みや課題を共有

趣旨説明、自己紹介のあと、鎌倉市における環境の取り組みや、特有の課題などを、モデルケースとして共有します。

eco_town3

eco_town4

印象的だったポイントは、

・全国に比べ、家庭で消費するエネルギーが多い
・古都である影響で開発に関する規制が多く、なにかやろうと思ってもなかなか進まない
・観光客が多く、渋滞が激しい
・緑地が多いが、有効活用できているとは言い難い

などでした。実は子供の頃、自転車で遊びに行ける距離に住んでいたこともあり、鎌倉は身近な街です。個人的にとても面白く拝聴しました。

 

水素発電や省エネアパートに取り組むゲストを囲んで対話

続いては、フィッシュボウル。座席を4つ用意し、必ず1つは空けておきます。話したい内容が出てきた人が自由に座って、対話に加わるルールです。

それぞれがエネルギー問題に関して、独自の視点で取り組んでいる方々だった影響で、対話は非常に刺激的なものになりました。全ては紹介できませんが、個人的に印象深かったポイントを紹介します。

・大規模発電所で発電して各地へ送電する今までの発想は、無駄もリスクも多い
・水の電気分解の仕組みで水素発電すれば、送電線が不要で、水も空気も汚さない
・市場が無く儲からなければ誰も取り組まないので、技術があっても普及しない
・自然エネルギーはコストが高いのが現状。経済的リスクもあるので、意識の高い人しか使わない。自然エネルギーでの成功体験を持ってもらうことが大切
・エネルギーを作る発想の前に、エネルギーが逃げないようにすればかなり省エネになる
・熱を電気に変換するのではなく、そのまま熱として利用するのが無駄がなく、大切
・太陽光発電システムを手作りするワークショップを開催した。まず把握しなければならないのは、家電だった。私たちはどんな家電にどれだけのエネルギーを使っているのか知らないでいる
・今までエネルギー問題は国や行政に任せてきたが、今後は一人ひとりが考える必要がある。そう考えると、教育機関のエネルギーリテラシーを変えていけるかどうかがポイント

eco_town5

eco_town6

eco_town7

フィッシュボウルから生まれた論点を、ふせんに書き留め、グルーピング。
eco_town8

eco_town9

 

理想的なエネルギーとの関わり方について対話

続いては、3ラウンドのワールドカフェ。各テーブル4〜5名に分かれて、グループで対話を深めていきます。

Round1:自分たちでエネルギーをつくるとしたら何ができるだろうか?
Round2:自分たちでエネルギーをへらすとしたら何ができるだろうか?
Round3:自分たちでエネルギーを融通(ピークカット、マネジメント)していくとしたら何ができるだろうか?

すべて、鎌倉市を例にとって考えます。

eco_town10

eco_town11

eco_town12

eco_town13

eco_town14

eco_town15

eco_town16

 

多くの鎌倉市民の共感を得るアクションのポスターを作成

仕上げはクイックプロトタイピング。2020年の具体的行動を未来志向で考えます。お題は、多くの鎌倉市民の共感を得られるような、市民アクションを呼び掛けるポスターの作成です。

最終的に3チームにまとまり、未来を形にしていきます。各チーム個性が発揮され、楽しそうにどんどん描き込んでいくチームもあれば、じっくり検討してから取りかかるチームもありました。
eco_town17

eco_town18

出来上がったポスターを全体で共有します。
eco_town19

eco_town20

eco_town21

eco_town22

 

環境・エネルギー問題で化学反応を起こしたい方は注目

最後にセッションで得た気づきを一人ひとりシェアして、解散となりました。
eco_town23

参加者それぞれが刺激を受けた様子が伝わってきました。個人的には、2020年という少し遠い未来を対象にしたので自由に発想できたという感想、また自分の地域でない鎌倉について考えたからこそ遊び心を持てたという感想が印象的でした。既成概念にとらわれず、ゼロベース思考を大切にするフューチャーセッションならではのメリットです。

また、同じ環境・エネルギー問題に関わる人々同士の繋がりができ、化学反応が起きそうな予感がありました。今後も具体的アクションに繋げるために、さまざまなセッションが開催されるはずです。関心を持たれた方は、ぜひ株式会社フューチャーセッションズ・有福英幸さんまで、コンタクトを取ってみてください。

Future Sessions

 

Facebookページに参加してください

FutureCenterNEWS JAPANの最新情報は、こちらでチェックできます。