【6/1】[香川] 助け合いの未来フューチャーセッション ”地域のありたい姿を考える場”

助け合いの未来フューチャーセッション ”地域のありたい姿を考える場”

第1回「ありたい姿を描く」セッションのテーマ
テーマ:助け合い社会に必要な、人と人の「つながり」を 生み出すアイデアを対話し考えよう!

対話すること:どのような参加者が来ているのか、お互いの多様さを理解し合い、高松の強みについて対話します。いつまでも地域で豊かに暮らせるように、どのような場があると、「つながり」続けることができるか対話します。人と人がつながるために、市民・企業・行政はどんな役割を担っているのか、アイデアを出します。アイデアをもとに、いきいきとした高松の未来を皆さんで描いていきます。

助け合いの未来フューチャーセッション ”地域のありたい姿を考える場”

■主催

助け合いラボ

 

■日時

2013年6月1日(土) 13:30〜17:30

 

■場所

かがわ国際会議場(サンポート高松 タワー棟6F)
香川県高松市サンポート2-1

 

■参加費

無料

 

■定員

50名

 

■対象

「助け合い社会」をめざす自治体、NPO、企業、市民など

 

■内容

「助け合いラボ」とは、高齢社会の社会的課題である「つながり」に着目し、市民・企業・行政の連携で自律的に豊かな“助け合い”を行える仕組みを研究するプロジェクトです。
日本全国から高齢化の進行が著しい地域と協力し、それぞれの地域で2回のセッション(対話の場)を開催。長期的に検討すべき重要な社会的課題を描き出し、第一歩の自立的な行動につなげます。

 

■プログラム

関係性をつくる
14:00 〜 14:10 イントロダクション
「助け合いラボ」主旨、セッションの目的、進め方、ワークシートについて共有します。

14:10 〜 14:20 サークル(Circle)
参加者同士で自己紹介します。

自分たちの強みを見つめなおす
14:20 〜 15:10 グループワーク
Round 1:自分たちのまちの強みは何か共有する(25分)
問い:私たちのまちの良さ、強みは何だろうか?規模の大小の観点で発見しましょう!
大:自然やまちの景観、他都市への行きやすさなど
小:建物やモニュメント、街路やまち中の移動しやすさ、人や小物など

Round 2:自分たちのまちの課題は何か共有する(15分)
問い:私たちのまちの課題は何だろうか?どんな人がどんな課題を持っているだろうか?

最後に、各テーブルで、自分たちのまちの大小の強みを3つ以上ずつリストアップ(5分)
全体に共有します。(5分)

ビジョン(ありたい姿)を考える
15:10 〜 15:30 プレゼンテーション
「高齢社会」と地域の問題、「移動手段」に関する情報、「助け合い」高齢者が貢献する好事例として、「つながりの場パターン」と「つながるための移動パターン」を共有します。
気になったパターンはシートにメモしておきます。
つながる場(7分)+グループ共有(5分)
移動(8分)

15:30 〜 16:20 ワールドカフェ(World Cafe)
2020年のありたい姿を対話します。
ワールドカフェ説明(5分)
Round 1:調布にはどのような「つながる場と移動」があるといいのか? (15分)

Round 2:調布にはどのような「つながる場と移動」があるといいのか? 
(15分)
Round 3:一人一人が役割を持つとしたら自分は、何がやりたいか?何ができるか?(15分)

ビジョンを伝わる形にする
16:20 〜 17:20 クイックプロトタイピング(quick prototyping)
参加者一人一人が、高齢者が生き生きと動けている様子を綴った「未来絵日記」を記述します。強みの大小、つながる場のパターン、移動のパターンを参考にします。(20分)

・どんな人が、どんな活動をしているのか?
・どんな場があるのか?
・どのように移動しているのか?
・どんなツールやサービスがあるのか?

未来絵日記を書き終わったら、以下の観点について解釈を抽出します。(15分)
・参考パターン、ツール、サービスの使い方/解釈/意図は何か?
・参考パターン、ツール、サービスの改善点/発見は何か?

似たようなストーリーを書いている人がグループ、もしくはペアになって未来絵日記を共有し、お互いの解釈を綜合します。(25分)

17:20 〜 17:30 サークル(Circle)
チェックアウト
本日の気づきや学びを全体に共有。

 

■WEBサイト

助け合いの未来フューチャーセッション ”地域のありたい姿を考える場”

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について