【11/17】シブヤ大学フューチャーセッション – シブヤの”自分ごとの未来”を、”みんなの未来”に

※FutureCenterNEWS JAPANではフューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者までお問い合わせください。

シブヤ大学フューチャーセッション

~シブヤの”自分ごとの未来”を、”みんなの未来”に~

 

皆さん、「フューチャーセンター」ってご存知ですか?
フューチャーセンターとは、「対話を通して、未来の価値を生み出す、開かれた場」のこと。
そこには、誰もが問題や課題を持ち込むことができ
どんなテーマが語られているかを外から見ることができ
新たに参加したい人も簡単に輪に入っていくことができるそうです。

シブヤのまちをフューチャーセンターにしてみよう!と、
7月から隔月で行なっているシブヤ大学フューチャーセッション。テーマは「”自分ごと”の未来」。
前回9/16(日)のセッションでは、11のプロジェクト↓が立ち上がりました。
http://www.shibuya-univ.net/future_session/

全5回の折り返しとなる第3回目、
今回は、”自分ごとの未来”を”みんなの未来”に広げていきましょう。

http://www.shibuya-univ.net/class/detail.php?id=818

 

■主催

シブヤ大学

■日時

2012年11月17日(土)10:30~16:30

■教室(場所)

千駄ヶ谷社会教育館

■授業の流れ

10:15-10:30 受付
@3F・大学習室
10:30-11:00 チェックイン
参加者全員でお互いを知り、一つのチームになります。
11:00-11:30 ”ペチャクチャ”プレゼン
「目を見開かせるプロジェクト(Eye-opening Projects)」の発表。
それぞれのプロジェクトは、どんな未来を感じさせるか?
12:30-13:30 ソーシャルランチ
4人一組でランチへ。未来の想像をさらに広げてきてもらいます。
13:30-14:30 未来マップづくり
すでにあるプロジェクトをマップし、そのほかにどんな未来の
可能性があるか、新たな未開拓領域を探ります。
14:30-16:30 プロアクション・カフェ
すでにあるプロジェクトに加え、新たに生み出したテーマについて、
相互コーチングを行いながら各プロジェクトを起動させます。

■アウトプット

(1) “みんなの未来”マップ
(2) 各プロジェクトのアクションプラン

■授業コーディネーター

榎本 善晃

■ファシリテーター

野村恭彦

■WEBサイト

シブヤ大学フューチャーセッション
http://www.shibuya-univ.net/class/detail.php?id=818

 

Facebookページに参加しませんか?


一緒にフューチャーセンターを盛り上げて行きましょう!

編集長のTwitterをフォローしてください。


FutureCenterNEWS JAPANの最新記事、全国のフューチャーセンター情報をツイートしています。最新のフューチャーセンター情報をリアルタイムで受け取るにはTwitterが便利です。