【6/7】オジの未来:40代以降の新しい生き方を考えるフューチャーセッション

オジの未来:40代以降の新しい生き方を考えるフューチャーセッション

高度経済成長時代の社会通念のなかで成長してきた40代〜50代の生き方を見なおし、これから大きく変化する社会環境の中でも、生涯現役として前向きで豊かな人生を送る方法を考えていきます。
まずは自分が意識を変えていく、つぎにそれが周囲に伝わって周囲が変わり始める、という流れを作り出していきたい。そのために、何を考えて何を行動すればいいのか、多様な意見の中から各人が気づきを得られるといいなと思います。

オジの未来:40代以降の新しい生き方を考えるフューチャーセッション

■主催

高野元

 

■日時

2013年6月7日(金) 18:30〜21:30

 

■場所

ギークオフィス恵比寿

〒150-0013 渋谷区恵比寿4-7-6 KTビル3F

 

■参加費

1,000円

 

■定員

30名

 

■対象

・これからの生き方を模索している方。自分の生き方・考え方をシェアしてみたい方。
・40代以降にどう行動すればいいのか考えたい方。40代以上の世代に一言言いたい方。

年齢・性別・職業・趣味など不問です。多様な場が、多様な気づきを生み出します。

 

■プログラム

関係性をつくる
18:45 〜 19:00 ストーリーテリング(Storytelling)
本テーマの発起人である高野から、本テーマの「思い」と「大切な問い」をお伝えします。

将来への不安を洗い出す
19:00 〜 19:30 金魚鉢(Fishbowl)
未来予測の中からキーワードを紹介しつつ、参加者の意見も取り入れながら、われわれの中にある将来の不安を列挙してみます。

各自で、気になった不安を手元のポストイットにメモしておきます。

希望を洗い出す
19:30 〜 20:00 ワールドカフェ(World Cafe)
不安が列挙されるなか、一人ひとりがどういう希望を持っていたり感じていたりするのかを、身近な4名ほどのグループを作って話し合います。自分自身の希望でもいいし、地域社会や人間社会がどのように進化するかという大きな希望でも構いません。

7分程度の短いタームでグループは組み替えて、これを3回ほど繰り返します。
各自は自分が気になった希望を手元のポストイットにメモしておきます。

20:00 〜 20:15 掲示&ブレイク
各自が手元にもっている、希望ポストイットと不安ポストイットを掲示板に貼ります。
休憩時間中に、ファシリテーターが3‐5個のテーマ領域を設定します。

プロトタイピングする
20:15 〜 21:00 クイックプロトタイピング(quick prototyping)
設定した「希望テーマ」に対して、それを阻害する不安をいくつか選びます。
その上で、どのようにそれらの不安を解消すべきか、自分たちにできる具体的なアクションを検討し、その内容を一枚のワークシートにまとめます。

各グループの検討内容を発表します。

アクションを生み出す
21:00 〜 21:30 サークル(Circle)
参加者のチェックアウト。(20分)
ファシリテーターのまとめ。(10分)

 

■WEBサイト

オジの未来:40代以降の新しい生き方を考えるフューチャーセッション

 
[box type=”info” ]※FutureCenterNEWS JAPANでは、フューチャーセッションの紹介のみ行っております。詳細は必ず主催者WEBサイトをご確認いただき、主催者までお問い合わせください。[/box]

 
[divider]

セッションを取材いたします!

フューチャーセッション、フューチャーセンターから生まれたアクションを取材・写真撮影し、FutureCenterNEWS JAPANへ掲載させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

FutureCenterNEWS JAPANへの記事掲載について